池田 喬 IKEDA Takashi

職格
准教授
学位
博士(文学)
最終学歴
東京大学大学院 博士課程
研究業績等
http://gyoseki1.mind.meiji.ac.jp/mjuhp/KgApp?kojinId=120041
E-mail
ikeda77■meiji.ac.jp(■を@に置き換えてください)
専攻分野(研究分野)
哲学・倫理学

研究テーマ

(1)M・ハイデガーを中心とする独(仏)の現象学

(2)英語圏の現代行為論・倫理学と現象学の関係

(3)日本の障害当事者研究と現象学の関係

主な担当講義

哲学概論、哲学特論、倫理学概論、倫理学特論、現代の思想

※「ゲストログインはこちらから」をクリックし、「授業検索」画面から教員名で検索してください。

受験生・学生へのメッセージ

 生きていくなかで疑問に思うことや納得いかないことはありませんか。その時、自分の中にしまっておくのではなく、ストレス発散して解消してしまうのでもなく、ちゃんと考えてみる。他人に伝わるように言葉で表現し、他人の応答に耳を傾ける。そこに、うわべのものではない、深いコミュニケーションの場が開かれてくるはず。哲学はそういう場を求める人のための知です。

主な著書・論文

『ハイデガー 存在と行為−−−−『存在と時間』の解釈と展開』 創文社、2011年(単著)
『生きることに責任はあるのか−−−−現象学的倫理学への試み』 弘前大学出版会、2012年(共編著)
『始まりのハイデッガー』晃洋書房、2015年(共編著)
Neue Stimmen der Phanomenologie, Bd. I: Die Tradition/ Das Selbst. Matthias Flatscher, Iris Laner et al (Hg.), Nordhausen: Bautz, 2011.(共著)
『科学と技術への問い−−−−ハイデッガー研究会第三論集』 理想社、2012年(共著)
『当事者研究の研究』 医学書院、2013年(共著)
『「倫理」における「主体」の問題』御茶の水書房、2013年(共著)
『ハイデガー読本』法政大学出版局、2014年(共著)

出身地

東京都

趣味

音楽、料理、散歩

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.