櫻井 智美 SAKURAI Satomi

職格
准教授
学位
博士(文学)
最終学歴
京都大学文学部・同大学院文学研究科(歴史文化学専攻)
研究業績等
http://gyoseki1.mind.meiji.ac.jp/mjuhp/KgApp?kojinId=040102
E-mail
sakurais■meiji.ac.jp(■を@に置き換えてください)
専攻分野(研究分野)
アジア史専攻 モンゴル時代(13~14世紀)中国の政治・制度・社会・文化について総合的に研究する

研究テーマ

11世紀から16世紀における中国の政治・制度・社会・文化の諸相について多面から考察し,東~内陸アジア世界の変容を具体的に跡づけることが目標。

キーワード

モンゴル 元代 中国近世 祭祀

主な担当講義

演習Ⅰ(アジア史),東アジア近世史AB

※「ゲストログインはこちらから」をクリックし、「授業検索」画面から教員名で検索してください。

受験生・学生へのメッセージ

みんなから浮いた格好をしてはいないか,人とは違う考え方をしてはいないか,日本に暮らす私たちは多かれ少なかれ,そんな不安に襲われることがあるでしょう。しかし,外国について学び,歴史を学び,世界中にさまざまな文化があることを知って,初めて自由な発想が生まれると思います。アジア史専攻では,アジアの歴史を専門的に学び,考えることで,同時に多様な価値観の存在を体験できます。私自身も,モンゴル時代(ほぼ13~14世紀)の中国を中心に研究を進めており,異なった考えを持つ人たちが,制度や文化の違いをどのように乗り越えて国を作り上げていくのか,という問題に常に向き合っています。経験豊富な教員と恵まれた図書資料が待っています。今まで知らなかった世界へと飛び込み,自在に旅してください。

主な著書・論文

元代の南海廟祭祀(『駿台史学』163,2018年)
モンゴル時代の済瀆祭祀—唐代以来の岳瀆祭祀の位置づけの中で—(『明大アジア史論集』18,2014年)
元大都的東岳廟建設与祭祀(『元史論叢』13,2010年)
クビライの華北支配の一現象—懐孟地区の祭祀と教育—(『駿台史学』124,2005年)
元代集賢院の成立(『史林』83-3,2000年)

出身地

熊本県

趣味・特技

アジア映画,外国のコーヒー缶収集,中国料理

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.