法曹コース

目指す将来の進路

  • 明治大学をはじめとする全国の法科大学院への進学
  • 明治大学をはじめとする全国の大学院法学研究科への進学
  • 裁判官・検察官・弁護士・司法書士などの法律専門家
  • 大学教員などの法律研究者

法律のエキスパートを目指して

コース概要

 法曹コースは将来、裁判官、検察官、弁護士などの法曹(法律実務家)としての資格、またはその他の法律関係の資格を取ることを目指している学生を対象としたコースです。より具体的に言えば、法律学の体系的な学習を通じて、将来、法科大学院(ロースクール)の既修者コースに進学し、法曹実務家となるのに必要な基礎的な能力を備え、一定の法律専門分野に明るい人材を育成することに特化したコースです。法曹資格を取得するために必要となる憲法、民法、刑法、商法、民事訴訟法、刑事訴訟法、行政法の7科目をコアにして法律学を体系的に教授することにより、法曹実務家となるのに必要な基礎的な能力を備え、全国の法科大学院既修者コースの入学試験(論文試験)に対応できる能力を養成することを目的とします。またそれだけではなく、法科大学院では時間的な制約から履修・修得が困難と思われる科目、たとえば経済法、知的財産法、環境法、租税法、倒産処理法、医事法、ジェンダーと法、国際私法といった専門分野に特化した法曹としての知識・能力をも身につけることができるようにコース展開・先端科目が配置されています。

コース設置科目

2013年度以降入学者カリキュラム例
  1年次 2年次 3年次 4年次
法律必修科目 〇憲法(人権)
〇民法(総則)
〇刑法(総論)
〇憲法(統治)
〇民法(債権総論)
〇刑法(各論)
 
コース専門
法律科目
 現代法入門 〇民法(契約)、〇民法(損害賠償)、民法(相続)、〇会社法II、会社法III、△民事訴訟法、△刑事訴訟法、民法特講、刑法特講
  〇民法(物権)、〇民法(担保物権)、民法(親族)、行政法A、〇会社法I、司法演習
コース展開・
先端科目
Introduction to Modern Law I
  商法概論・総則、国際法、国際人権法、ジェンダーと法
  行政法B、租税法、環境法、商行為法(商取引法)、手形・小切手法、保険・海商法、民事執行・保全法、倒産処理法、労働法A、労働法B、国際経済法、国際私法、国際取引法、国際民事訴訟法、経済法、知的財産法A、知的財産法B、犯罪学、犯罪者処遇法、医事法
基礎法科目 日本近代法史 
  法社会学、法哲学、法文化論、法思想史(西洋)、法思想史(日本)、法史学(東洋)、法史学(西洋)、法史学(日本)
外国法科目   比較法学
  アメリカ法、イギリス法、フランス法、ドイツ法、中国法、EU法
   〇=必修科目 △=どちらか一方の科目を選択し必修科目とする 無印=選択必修科目

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.