情報コミュニケーション
学部

在学生向け

関連情報

国際交流プログラム

今年度の応募については、下記のリンクを参考にしてください。

学部間協定留学

情報コミュニケーション学部は以下の大学と協定を結び、派遣および受入れ協定留学を実施しています。留学先機関の授業料は原則として免除されます。

派遣留学情報コミュニケーション学部生が交換留学生として留学するプログラムです。
受入留学協定校の学生が情報コミュニケーション学部に交換留学生として留学するプログラムです。

シーナカリンウィロート大学 人文学部(タイ)



タイ王国バンコクに本部を置く1949年創立の国立大学。シリントーン王女も学んだ由緒ある大学であり、人文学部のほか、経済公共政策学部、社会科学部、教育学部、社会人文科学系学部のほか、薬学部、歯学部、看護学部、工学部など自然科学系の学部も有する総合大学である。

香港城市大学 人文社会科学院(中国・香港)



グローバル都市として名高い、香港特別行政区の市街地にキャンパスをもつ、1984年創立の公立大学。国際性に優れた大学として、アジア圏のみならず、世界的に定評のある大学である。人文社会科学院では、語学や社会学といった伝統的な学問の他に、公共・社会共生学やメディアコミュニケーション学といった新しい視座による学科も併設されている。

成均館大学 芸術学部(韓国)



成均館大学は、1398年、朝鮮王朝の最高教育機関「成均館」を母体に創立され、600年余の長い歴史を誇る韓国最古の大学です。芸術学部および芸術学研究科では、美術・デザイン・舞踊・映像・演劇・ファッション等の諸領域において、理論と実践の両面における充実したカリキュラムを配しています。

短期留学プログラム

 情報コミュニケーション学部では、明治大学全体で実施されている国際交流とは別に、学部独自の国際交流プログラムを積極的に推進しています。

派遣留学
情報コミュニケーション学部生が交換留学生として留学するプログラムです。

タイ王国・ラオス

タイ国立シーナカリンウィロート大学、モンクット王ラカバン工科大学、ラオス国立大学との短期学生交流プログラム

 本学部では2010年度より、タイ王国モンクット王ラカバン工科大学と「タイへの学生送り出しプログラム」および「本学への受け入れプログラム」の相互短期学生交流プログラムを実施し、海外との学生交流を深めています。モンクット王ラカバン工科大学に続き、2011年度はシーナカリンウィロート大学との間に大学間交流協定を締結し、交流先を2大学に拡大しました。加えて2013年度からラオス国立大学文学部とも短期学生交流を締結し,3大学でプログラムを実施しています。
学生派遣プログラム





 このプログラムの目的は、異なる社会や文化背景を持つ同世代の学生と交流し、自国文化について認識を深め、異なる文化を尊重できるようになることです。さらに、海外、特にアジアで働くことについて積極的な態度で臨めるようになることを目的としています。
 参加学生は、タイ文化を事前に数日間学んだ後にタイへ出発します。現地では、シーナカリンウィロート大学にて比較文化ワークショップや授業に参加したり、在タイ日本大使館、在タイ日系企業を訪問したり、アユタヤ遺跡や王宮を見学します。
 毎年、学生達は国籍が違いながらも、勉強だけではわからないお互いの国の文化を話し合い、交流プログラムの目的を果たします。短い期間のなかで、タイの文化や社会を自分の目で確かめることができる内容のプログラムです。
タイ人・ラオス人学生受け入れプログラム





 このプログラムは、シーナカリンウィロート大学およびモンクット王ラカバン工科大学、さらに2013年度は、ラオス国立大学からも学生が参加し、「タイへの学生送り出しプログラム」に参加した本学部生が、実習補助を行いました。
 来日した学生は、本学部講義への参加を通じて、日本語や日本文化への理解を深め、合宿に参加したり、企業訪問したりと、充実した時間を過ごしました。

ベトナム

ベトナム国家大学ハノイ外国語大学、ハノイ大学との短期学生交流プログラム

 本学部では2014年度より、ベトナム国家大学ハノイ外国語大学と「ベトナムへの学生送り出しプログラム」および「本学への受け入れプログラム」の相互短期学生交流プログラムを開始しました。
2017年度からはハノイ大学とも短期学生交流の覚書を締結し、2大学との交流に拡大しました。
学生派遣プログラム





 ベトナムは1986年の経済改革(ドイモイ)以降、成長率は平均で6.5%となります。日本の植民地支配、フランスとのインドシナ戦争、アメリカとのベトナム戦争と長きに及ぶ戦乱と荒廃から奇跡的な成長を果たした国です。ベトナム成長の秘密のひとつに日本の数々の支援があり、ベトナムはASAEN諸国の中で日本語検定受験者数が最も多い重要な親日国です。このプログラムではベトナムの民族の力を文化交流から学び、成長がもたらした変化と混乱を日本の高度成長の比較から考察し、日越経済交流をJICA等のプロジェクトの現場から学びます。
  • 2016年度報告【coming soon】
  • 2015年度報告【coming soon】
  • 2014年度報告
ベトナム人学生受け入れプログラム





 受け入れ学生は、本学部の授業、2泊3日の山中セミナーハウス合宿、地下鉄博物館等の都内視察などに参加し、明治大学や日本について理解を深めます。受け入れプログラム期間中は、ベトナムへの送り出しプログラムに参加する情報コミュニケーション学部生が「サポーター」として、受け入れ学生の日本語の学習や生活のサポート、大学内や都内の案内をします。
  • 2016年度報告【coming soon】
  • 2015年度報告【coming soon】
  • 2014年度報告

インドシナ(タイ王国・カンボジア・ベトナム)





このプログラム「インドシナ半島経済回廊研修プログラム」(科目名称「国際交流(インドシナ)」)では、バンコクにある国連アジア太平洋本部での講義や、模擬国連の実習から始まり、学生たちはインドシナ半島の主要都市バンコク、ヤンゴン、プノンペン、シェムリアップ、ホーチミン等をめぐり、7つの大学と共同でアクティブ・ラーニングを実施し、国連等の国際機関や国際NGOで学びます。
プログラムの殆どが英語で行われます。ここでしか見れない夢がある、そんなプログラムの始まりです。

①タイ王国
 国際連合アジア太平洋本部・会議場でシーナカリンウィロート大学と実施する模擬国連会議により、国連持続可能な開発目標(SDGs; Sustainable Development Goals)についての理解を深めます。タイでの研修観光は都市近郊農業を予定調整中です。また、UNESCOでのブリーフィングを実施します。
②カンボジア 王立プノンペン大学との交流学習を通じて、SDGsを踏まえ国連3原則となる平和・人権・開発について、後発発展途上国であるカンボジアの問題をフィールドでの学習を主体にプログラムを実施します。
③ベトナム SDGsを踏まえホーチミン・ハノイで爆発的な膨張発展を続ける都市社会形成の問題点について、フィールドでの学習と研修観光を実施します。また、本プログラムの総括として学生会議の組織化それ自体(議題設定・広報)をハノイ外国語大学の学生との協働で実施します。その際、市内ホテルに会場設定し外部(日系企業・機関)の関係者の参加呼びかけも含めて実施します。
サバイバル・レベル(挨拶・買物程度)のローカル言語(タイ語、クメール語、ベトナム語)はW Trackによる交流学習で実施します。W Trackとはタイの学生が英語でタイ語を明治の学生に教え、明治の学生が英語で日本語をタイの学生に教えることで、英語で教える日本語については教材作成準備を参加者により渡航前に行います。
 

ニュージーランド





テレビは社会を覗きこむ窓ではなく,番組の制作者が混沌とした社会からネタを探し出し,わかりやすいよう再構成,視聴者に提示しているものです。
ニュージーランドでのロケ体験を通して,視聴者でなく取材者・制作者の視点からメディアリテラシーを学ぶとともに、国際感覚を身につけます。
少人数のグループに分かれて,それぞれのグループで共通テーマのもとニュージーランド・オークランドで取材、VTR制作します。さらに帰国後,このVTRを使ってフジテレビの専用スタジオで番組制作(疑似生放送)を行います。一連の制作過程を通じてテレビの特性,限界,課題,可能性などを学び,メディアを見る目を養います。
またこのプログラムではニュージーランドを舞台に英語を使ってロケ取材するという高いハードルが設定されていますが、それを乗り越える積極性とクリエイティビティを養うこともこのプログラムの目的の一つです。 

アメリカ

メンフィス大学への短期留学プログラム(今年度実施予定なし)





 2012年度から、情報コミュニケーション学部はアメリカ・テネシー州メンフィス市にあるメンフィス大学への短期留学プログラムを開始しました。
 本プログラムでは、事前講義として日本でアメリカ史のおおまかな流れ、重要人物や文化を勉強してから、メンフィス大学にてアメリカの歴史と文化について集中的な英語講義に臨みます。講義以外でも国立公民権博物館やクリントン大統領図書館、ロサンゼルスの全米日系博物館など歴史的な場所を訪問し、アメリカの歴史や文化を自分の目で確かめました。現地では、メンフィス大学の学生が本学部の学生の付き添いをするという「バディ」制度があり、同世代の学生と英語で交流する機会ともなります。また、ロサンゼルスでは、ディズニーランドの訪問や市内視察を通して、アメリカ文化に触れることができます。

カリフォルニア州立モントレーベイ校(今年度実施予定なし)





 2015年度より、カリフォルニア州立モントレーベイ校への短期留学プログラムを実施する予定です。
 本プログラムは、リスクを取りながら海外に飛び出して活躍するグローバル人材養成を目指します。米国西海岸シリコンバレー周辺で約1ヶ月間の留学プログラムを策定し、大学で語学習得と米国人学生とのワークショップ型授業を実施する一方で、米グーグル社やベンチャー企業の訪問、そして明大交友会員との懇親などで、学生に米国大学院留学や海外での就職といったグローバル人材を目指すモチベーションを向上することを目的としています。

SPICE(Special Program for Information & Communication in English)

SPICEプログラムについて

 情報コミュニケーション学部では、国際情報社会に対応できる言語力とコミュニケーション能力を身につけた学生を育成するために独自の特別英語クラスSPICE(Special Program for Infor mation & Communication in English)プログラムを2014年度より設置しました。2013年度から高校の英語に「コミュニケーション英語」が導入されたように、直読直解や、単なる会話以上の内容を議論できる能力が求められていきます。SPICEは、20人以下の少人数選抜クラスで、英語でコミュニケーションができる学生を養成します。
このプログラムを通じて、海外大学(院)留学や国際社会で活躍できる人材の育成を目指します。特長は次の3つです。
1. コミュニケーション能力重視・内容中心(content base)の授業
  英語で「スピーチ」「ディベート」「ディスカッション」ができる学生を育成します。会話のためのコミュニケーションに限らず、専門分野の講義を英語で行うセミナーなども受講してもらいます。
2.経験豊かな教員陣
  ネイティブ・スピーカーや海外留学経験のある教員による実践的な授業を行います。自習時間の指導についても、ホームワークを効果的に取り入れます。自身の経験を踏まえ、国際社会で活躍することや英語科教員、海外留学進学の道筋も示します。
3.留学マインドの醸成
  英国ケンブリッジ大学や米国メンフィス大学など、海外の名門大学への夏期留学を通じ、将来の長期留学を目指す指導を行います。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.