学長室

関連情報

シリア人難民家族の5年間に密着~ドキュメンタリー上映会を実施

2017年11月30日
明治大学 教学企画事務室

 明治大学は11月17日、シリア内戦による難民家族の5年間に密着したドキュメンタリー『シリアを遠く離れて~アンマール少年と家族の5年~』の上映会を、駿河台キャンパス・グローバルホールで開催した。
 ドキュメンタリーは、世界で難民が最も発生することになった国シリアの12歳の少年、アンマール少年とその家族が、2012年にヨルダンに逃れてから2016年にUNHCRヨルダン事務所の援助のもとオーストリアに第三国定住するまでを追ったもの。その間、アンマールはトルコへの脱出で足を負傷、姉はヨルダン人と結婚・離婚を経験、シリア自由軍に加わり負傷した父。ようやく定住したオーストラリア現地校で妹は言葉の壁に苦悩するなど、一家を次々襲う現実が映像におさめられている。2016年12月にNHK BS1スペシャルで放送され、第54回ギャラクシー賞奨励賞を受賞した作品で、参加者は息をのんで見守った。
 上映後、鳥居高商学部教授による司会のもと、番組制作を担当した金本麻理子ディレクター(椿プロ代表取締役)による解説、および参加者との質疑応答の機会が設けられた。ドキュメンタリー制作に興味をもつ国際日本学部の学生からの「撮影中、一番大切にしていることは」との問いに対しては、「絶対に彼らの状況を変えないこと。家族の将来を変えてしまう可能性があるから、よほどのことでない限り助言はしない」と、家族に寄り添いながら取材を行う心構えを伝えた。
 最後に、鳥居教授は「“UNHCR”、“第三国定住”という日常の中では素通りしそうな単語や情報が、映像を通すことで記憶に残ったのではないか。今日の映像をきっかけにして、自らの関心を広げてほしい」と投げかけた。

「ドキュメンタリーは悲惨な現状を伝えると同時に、“家族”のような普遍的な側面も伝える」と金本氏(右)「ドキュメンタリーは悲惨な現状を伝えると同時に、“家族”のような普遍的な側面も伝える」と金本氏(右)

問い合わせ先

教学企画事務室
〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
TEL:03-3296-4403

「学長室 ニュース一覧 2017年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.