制御因子を用いたラン藻の代謝改変に成功 -遺伝子改変と暗闇での培養を合わせてリシンが4倍増-

2015年08月27日
明治大学

制御因子を用いたラン藻の代謝改変に成功
-遺伝子改変と暗闇での培養を合わせてリシンが4倍増-

要旨

明治大学農学部農芸化学科の小山内崇専任講師、飯嶋寛子共同研究員らの研究グループは、理化学研究所の平井優美チームリーダー、近藤昭彦チームリーダーらの研究グループと共同で、ラン藻の遺伝子改変による代謝の改変に成功しました。RpaAという制御因子を改変した結果、リシンやグリシンなどの有用なアミノ酸が増加することを発見しました。

ラン藻は、光エネルギーと二酸化炭素を利用できる光合成細菌です。この性質を利用して、ラン藻を使った二酸化炭素からのものづくりに期待が集まっています。研究グループは、世界で広く研究されているモデルラン藻である「シネコシスティス[1]」を用いて、遺伝子改変を行い、代謝への影響を調べました。

研究グループは、改変する遺伝子を選ぶ中で、レスポンスレギュレーター[2]に着目しました。レスポンスレギュレーターは、細胞内のシグナル伝達を担い、遺伝子の転写[3]に直接働くことが知られています。研究グループはこれまでの研究において、転写に関与するタンパク質を改変することで、ラン藻の代謝を改変できることを見出してきました。

RpaAは、サーカディアンリズムや光応答に関与するレスポンスレギュレーターです。細胞内のRpaAタンパク質量を増加させた「RpaA過剰発現株」を作製したところ、糖や有機酸、アミノ酸の量が変動するなど、代謝が大きく変化することが分かりました。特に、RpaA過剰発現株を暗闇で1日間培養すると、対照株の通常培養条件時に比べて、グリシンが2倍、リシンが4倍に増加することが分かりました。

今回の成果は、ラン藻を用いた有用物質生産という実用化プロセスに向けて、代謝の基礎メカニズムの解明につながると期待できます。

本研究は、JST戦略的創造研究推進事業先端的低炭素化技術開発ALCAの一環として行われ、スイスの科学雑誌『Frontiers in Microbiology』のオンライン版(8月14日付け)に掲載されました。

詳細な発表内容は添付資料をご確認ください。

問い合わせ先

発表者(※研究内容については発表者にお問い合わせ下さい)
明治大学 農学部農芸化学科 環境バイオテクノロジー研究室
専任講師 小山内 崇(おさない たかし)
TEL:044-934-7103
FAX:044-934-7103
機関窓口
明治大学 経営企画部 広報課
TEL:03-3296-4330
FAX:03-3296-4087
E-mail:koho@mics.meiji.ac.jp

「2015年度 プレスリリース一覧」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.