Go Forward

プレスリリース

総合数理学部 宮下芳明教授~手書きの図面で簡単に3Dプリントできる~3Dプリンタを開発

2016年12月22日
明治大学

明治大学総合数理学部の宮下芳明教授、大学院理工学研究科博士前期1年の秋山耀さんは、専用紙に二面図を書いてセットすると、ボタン操作1回で造形してくれる3Dプリンタを開発しました。

現在、3Dプリンタで出力するためにはコンピュータやスマートフォン上で複雑な操作を行う必要があります。3Dモデリングを行うには3DCADという専用のソフトが必要となり、コンピュータに慣れていない人には敷居が高くなっています。

今回提案された3Dプリンタでは、方眼2枠が描かれた専用紙にマーカペンで二面図を描くことで3Dモデリングを行うことができます。また、チェックボックスを用いて、オプションを選択することもできます。例えば、「角丸仕上げ」という項目にチェックすることで、角が丸まった造形物を得ることができます。実際に、小学生から高齢者まで体験してもらい、このモデリング手法の有用性や手軽さについても確認しました。

研究紹介動画

【参考】
宮下芳明研究室

3Dモデリング専用紙3Dモデリング専用紙

作例作例

お問い合わせ先

研究・取材に関するお問い合わせ

明治大学総合数理学部 宮下芳明研究室

Email:homei@meiji.ac.jp

大学の取り組みに関するお問い合わせ

明治大学 広報課
TEL: 03-3296-4330

Email:koho@mics.meiji.ac.jp