Go Forward

センター長あいさつ

「全力で支援します」

国家試験指導センター長 西川 伸一



 

 

スポーツの世界ではランキングがついて回ります。大学の場合、イギリスの教育専門誌『タイムズ・ハイヤー・エデュケーション』(THE)が行っている「THE世界大学ランキング」がよく知られています。そのランキングにどれだけ加味されているかわかりませんが、私は難関といわれる国家試験合格者数も大きな目安になると考えます。

明治大学国家試験指導センターは、明治大学の多くの学生がこれら難関を突破し社会において枢要な地位を占めてほしいとの願いから設置されました。具体的には、法制研究所、経理研究所、そして行政研究所から構成されています。

法制研究所は裁判官・検察官・弁護士(法曹三者といいます)を将来の職業としたいと志す学生に対して学習を支援するための機関です。法曹三者に就くためには法曹資格を取得しなければなりません。さらにそのためには司法試験に合格する必要があります。法制研究所ではそこへのステップアップをはかる指導を行っています。

経理研究所は公認会計士に就くことを目指す学生を対象とした教育機関です。公認会計士とは、企業の監査と会計を専門分野とする国家資格を持つ職種です。仕事内容は会計監査(財務諸表監査)、財務・経理・株式公開支援、会計コンサルティングなどとても幅が広いです。公認会計士試験に合格すれば多彩な将来への道が開けます。

行政研究所は国家公務員、中でも総合職(キャリア組)といわれる幹部公務員になるための試験に合格し、採用されることを志望する学生に対する受験指導を行います。入省すればやがては国の針路の舵取りをする仕事に携わることになります。一方、地方創生も現在の大きな課題です。地方上級職などを目指す学生も勉強できます。

いずれも難関の試験です。ダブルスクールと俗にいいますが専門の受験予備校に通うことも選択肢の一つです。とはいえ、自分との闘いでもある受験勉強を持続させるにあたって、同じ研究所内で励まし合う仲間の存在は大きいと思います。同期や先輩に相談もできますし情報も入ってきます。

大きな目標に向かって邁進する学生諸君を、国家試験指導センターは全力で支援することを惜しみません。