Go Forward

趣旨・運営

明治大学に工学部が設置された1949年に併設された本学直属の施設で、運営は現在のところ理工学部に任されている。

目的

カリキュラム上の工作実習授業、理工学部4年次生および理工学研究科所属学生の研究・実験機器類の製作、地域貢献としての夏休み科学教室における諸作業などを行っている。

構成組織

工作工場長 理工学部教授会で選出し大学が任命 1名
運営委員会委員 理工学部8学科と総合文化教室の教員から各1名、理工学部事務長
技能嘱託 若干名(2016年度は5名)

利用状況

利用者数 のべ4,000人(2016年度)
利用時間 のべ6,300時間(2016年度)

使用授業等

授業

機械工学科ならびに機械情報工学科



2年次生 ブッシュとピンの製作(鋼)、Vブロックの製作(黄銅)
3年次生 NCフライス盤によるプログラミングと加工
物理学科



3年次生 4本足テーブル(黄銅)

夏休み科学教室(機械情報工学科担当)



タイトル 独楽の製作
対象 近隣地域の中学生、16名

授業風景