ユビキタス教育

JMOOC講座「安全の共通理念を学ぶ 安全学入門」(無料)の受講を受付け中

2017年03月21日
明治大学 ユビキタス教育推進事務室

 JMOOC(日本オープンオンライン教育推進協議会)で公開される本学提供の講座「安全の共通理念を学ぶ 安全学入門」の受講受付けが開始されました。
 安全は技術・人・組織・法制度が総合的に力を発揮することで初めて守られるものです。本講座では、安全の哲学、価値観、定義、目標、構造、責任、実現手段・プロセスの基本が理解できるようになります。

■「「安全の共通理念を学ぶ 安全学入門」PV (YouTubeへジャンプします)


第1週:安全の定義と判断基準、技術・人・組織の役割
 ・事故事例から学ぶ安全 -利用者は何に注意すれば良いか
 ・事故事例から学ぶ安全 -メーカーと消費者の責任と役割
 ・安全の定義
 ・リスクの意味、リスクゼロはない、受け入れ可能なリスクとは何か
 ・技術、人間、組織の3つの側面から安全を守る
 ・安全の判断基準とリスク低減の目標 

第2週:技術面から安全を守る
 ・リスクアセスメントのキーポイントと手順
 ・使用条件、予見可能な誤使用、危険源の特定
 ・リスクの見積りと評価
 ・大型自動回転ドアの死亡事故はなぜ起きたのか
 ・リスク低減の正しい順序とは、スリーステップメソッド
 ・誤操作を生じない、簡単に壊れない、機能が止まらない設計
 ・壊れても安全な設計、危険検出型と安全確認型の安全装置

第3週:人間面と組織面で安全を守り、安心を獲得する
 ・安全のための人間力
 ・組織・制度で安全を守る、法律・安全基準の役割
 ・安心のための制度、認証と認定、最低基準さえ守れば良いのか
 ・エレベータ事故の教訓:安全に対して果たすべき責任や役割
 ・企業の果たすべき役割と消費者が求めるもののギャップ 

第4週:安全文化、安全の未来
 ・福島第一原発事故を振り返る
 ・個人及び社会の安全文化
 ・企業・組織、国・規制側の安全文化
 ・都市交通の未来と安全の関わり
 ・安全技術の未来
 ・人と技術・システムの関わり、社会全体での安全作り
 
スケジュール
 受講登録期間:2017/3/1 ~ 2017/6/30
 開講期間:2017/4/1 ~ 2017/6/30 
 
講師
 明治大学名誉教授 向殿 政男
 
多くの皆様の受講をお待ちしております。


■受講申し込みはこちらから (Fisdom(JMOOC公認サイト)サイトへジャンプします)
https://www.fisdom.org/F00000013

■JMOOCとは (JMOOC/日本オープンオンライン教育推進協議会公式サイト)
http://www.jmooc.jp/

「ユビキタス教育 ニュース一覧 2016年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.