明治大学体育会卓球部の森薗政崇選手(政経4)が卓球グランドファイナルで2回目の優勝

2017年12月18日
明治大学 広報課

表彰式で笑顔を見せる森薗選手(左)(写真:長田洋平/アフロスポーツ)表彰式で笑顔を見せる森薗選手(左)(写真:長田洋平/アフロスポーツ)

卓球の2017ワールドツアー・グランドファイナルが12月14日~17日、カザフスタン・アスタナで開催され、明治大学体育会卓球部の森薗政崇選手(政治経済学部4年)が大島祐哉選手と組んだ男子ダブルスで2年ぶり2回目の優勝を果たしました。

森薗選手・大島選手のペアは、準々決勝で日本ペア、準決勝で台湾ペアを下し決勝に進出。香港ペアと対戦した決勝では、相手のマッチポイントを4度もしのぎ、4-3のフルゲームで接戦を制しました。

グランドファイナルは、今年の卓球・ワールドツアーの上位選手によって年間王者を決める大会。森薗選手・大島選手のペアは3大会連続で出場し、2015年(ポルトガル・リスボン)に優勝、2016年(カタール・ドーハ)では準優勝の成績を残しています。

「2017年度 ニュース一覧」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.