明治大学体育会水泳部が第94回日本学生選手権水泳競技大会で男子総合優勝—インカレ4連覇を達成—

2018年09月13日
明治大学 広報課

インカレ4連覇の快挙に笑顔の体育会水泳部(写真提供=明大スポーツ)インカレ4連覇の快挙に笑顔の体育会水泳部(写真提供=明大スポーツ)

明治大学体育会水泳部は9月7日~9日、第94回日本学生選手権水泳競技大会(神奈川県・横浜国際プール)に出場し、男子が通算6度目となる総合優勝。インカレ4連覇を達成しました。

この大会では、各種目の順位に応じた得点が与えられ、大学ごとの合計得点で学校対抗の順位が決定します。明大は2日目を2位で終えたものの、最終日に行われた男子100m自由形で松元克央選手(政治経済学部4年)が1位、溝畑樹蘭選手(政治経済学部2年)が2位と上位を独占。また、最終種目の男子4×200mフリーリレーでも吉田冬優選手(政治経済学部3年)・内田航選手(法学部4年)・溝畑選手・松元選手のチームが圧勝するなど実力を発揮し、逆転での総合優勝を果たしました。

これで男子は2015年から4年連続での総合優勝。インカレ4連覇達成は史上4校目の快挙となります。

この記事に関連するページ

「2018年度 ニュース一覧」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.