2018年度「秋季卒業式」を挙行しました

2018年09月19日
明治大学 広報課

卒業生を激励した土屋学長卒業生を激励した土屋学長

代表学生に学位記が手渡された代表学生に学位記が手渡された

卒業生を代表し答辞を述べる小池さん卒業生を代表し答辞を述べる小池さん

明治大学で学び新たな世界へ明治大学で学び新たな世界へ

明治大学の2018年度「秋季卒業式」が9月19日、駿河台キャンパス・リバティホールで挙行されました。式典には土屋恵一郎学長、柳谷孝理事長をはじめ、向殿政男校友会長、各学部長らが出席し、卒業生298人(学部229人、大学院69人)の新たな門出を祝いました。

式典の冒頭では、学部を代表して総合数理学部の小池倫太郎さん、大学院を代表して専門職大学院グローバル・ビジネス研究科の市丸誠男さんへ、土屋学長からそれぞれ学位記が授与されました。

告辞の中で土屋学長は、「さまざまな価値観が集う大学、いわばキャンプの中で養った多様性や、お互いの違いを許し合う寛容を背景にした人間関係が、今後の支えになるだろう」と力説。さらに「試練や挫折に遭遇し、打ちのめされることがあっても、また明治大学というキャンプに戻ってくればいい。明治大学はいつでも君たちの場所である」と卒業生の前途を祝しました。

続いて祝辞に立った柳谷理事長は、変化が激しく未来予測が困難な時代である現代において、現状を打破し、果敢に挑戦していく姿勢を強調。「明治大学で『個』を磨いた日々はこれからの原動力となり、輝かしい未来へと誘ってくれると確信している」と卒業生を激励しました。

卒業生代表による答辞で小池さんは、学業や研究、サークル活動など学生生活を振り返りながら、恩師や家族、仲間たちへの思いを語り、「明治大学で学んだことを最大限に生かし、若い想像力をもって社会に貢献できるよう努力していきたい」と締めくくりました。

式典の最後には、混声合唱団とともに校歌を高らかに斉唱。卒業生たちは、晴れやかな表情で学び舎を巣立っていきました。

「2018年度 ニュース一覧」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.