平和教育登戸研究所資料館 「元風船爆弾製造動員女子生徒による証言会」 10月21日、生田キャンパスで開催

2017年10月10日
明治大学

平和教育登戸研究所資料館
「元風船爆弾製造動員女子生徒による証言会」
10月21日、生田キャンパスで開催

平和教育登戸研究所資料館は10月21日(土)に、「元風船爆弾製造動員女子生徒による証言会」を生田キャンパスで開催いたします。

陸軍登戸研究所は、敗戦直前に「最終決戦兵器」として「風船爆弾」を開発しました。風船爆弾の製造には日本全国の10代半ばの高等女学生を中心に動員、約15,000発が製造されました。

今回は、実際に1944年から45年にかけて風船爆弾の製造に動員された、上野高等女学校39回生、新京敷島高等女学校21期生、高崎高等女学校45期生の皆さまをお招きします。戦後72年を経た現在、戦争体験者から直接お話をうかがう機会も失われつつあり、大変貴重な証言会です。

当時のお話をインタビュー形式で伺い、東京中心部と群馬県高崎市、そして満州で製造された風船爆弾にはどのような違いがあったのか、明らかにしていきます。インタビュアーは登戸研究所研究の第一人者である当館展示専門委員の渡辺賢二、解説は館長・文学部教授の山田朗です。

平和教育登戸研究所資料館
「元風船爆弾製造動員女子生徒による証言会」

 日時  2017年10月21日(土)13:30~15:00 (13:00開場)
 会場  明治大学 生田キャンパス 中央校舎6階メディアホール(神奈川県川崎市多摩区東三田1-1-1)
 登壇者  上野高等女学校39回生、新京敷島高等女学校21期生、高崎高等女学校45期生の皆様(五十音順)
 定員  280名
 参加費  無料
 参加方法  事前予約不要。当日、直接会場へお越しください。
※詳細等は、明治大学平和教育登戸研究所資料館HPをご確認ください

問い合わせ先

内容に関するお問い合わせ
明治大学 平和教育登戸研究所資料館
TEL・FAX: 044-934-7993
E-mail: noborito@mics.meiji.ac.jp
取材に関するお問い合わせ
明治大学 広報課
TEL: 03-3296-4330
E-mail: koho@mics.meiji.ac.jp

「2017年度 プレスリリース一覧」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.