総合数理学部 宮下芳明教授・先端数理科学研究科 加藤邦拓さんら インタラクティブな化粧品パッケージを開発 ~スマートフォンと組み合わせるメイク支援システム~

2018年03月02日
明治大学

総合数理学部 宮下芳明教授・先端数理科学研究科 加藤邦拓さんら
インタラクティブな化粧品パッケージを開発
~スマートフォンと組み合わせるメイク支援システム~
明治大学総合数理学部先端メディアサイエンス学科の宮下芳明教授と先端数理科学研究科博士後期課程3年生の加藤邦拓さんらは、インタラクティブな化粧品パッケージを開発しました。
本研究は、朝日印刷株式会社(本社:富山県富山市一番町1番1号、代表取締役社長:濱 尚)の協力のもと進められました。同社は今後、本研究の成果を踏まえ、パッケージの製品化を進めてまいります。

本研究では、宮下教授と加藤さんの研究成果であるExtensionSticker技術(※1)を応用し、スマートフォンと組み合わせることで、メイク支援システムとして使用できる化粧品パッケージを開発しました。新たに開発したのは、「化粧鏡パッケージ」、「透過スクリーンを用いたネイルアートパッケージ」の2種類です。

「化粧鏡パッケージ」は、スマートフォンのフロントカメラを使用して化粧することを想定したものです。スマートフォンをパッケージにはめ込み、パッケージの上部に導電性インクで印刷されたダイアルインタフェースを触ることにより、スマートフォンの画面を化粧品で汚すことなく操作することができます。

「透過スクリーンを用いたネイルアートパッケージ」は、スマートフォンの画面に映るネイルアートをハーフミラーと透過スクリーンを用いて、ユーザの爪に投影します。パッケージ上面に裏返しに置かれたスマートフォンは物理的には操作不可能ですが、パッケージに導電性のインタフェースを印刷し、そのインタフェースを触ることで操作することができます。

この研究は、2018年3月5日~7日に開催されるシンポジウム「インタラクション2018」で「タッチパネルを拡張する紙製インタフェースを搭載したインタラクティブパッケージの開発」と題してインタラクティブ発表(プレミアム発表として採択)を行う予定です。

(※1)ExtensionSticker
タッチパネルディスプレイに貼り付けるだけでタッチパネル外からのタッチ入力を転送可能とする技術です(特許出願中)。導電性の縞模様を印刷したシールによって、ユーザがタッチパネルに直接触れずとも、シールをタッチすることで、タッチ入力やスクロール操作のような連続的入力を発生させることができます。
(参考URL:https://miyashita.com/projects/extensionsticker/



化粧鏡パッケージ:スマートフォンのフロントカメラを化粧鏡に使用。化粧品で手が汚れてしまった場合でも、導電性インクによるダイアルインタフェースによって、スマートフォンの画面を汚さずに操作可能にした。

透過スクリーンを用いたネイルアートパッケージ:スマートフォンの画面に映るネイルアートをユーザの爪に投影。導電性インクによるインタフェースによって、パッケージ上面で裏返しに置かれたスマートフォンであっても操作可能にした。

動画



参考

発表論文

加藤邦拓, 薄羽大樹,鳥山らいか, 竹内まゆ, 野崎玲那, 細谷美月, 宮下芳明. タッチパネルを拡張する紙製インタフェースを搭載したインタラクティブパッケージの開発, インタラクション2018論文集, 2018.

問い合わせ先

研究内容に関するお問い合わせ
明治大学 生田研究知財事務室
TEL: 044‐934‐7639
E-mail:tlo-ikuta@mics.meiji.ac.jp
取材に関するお問い合わせ
明治大学 広報課
TEL: 03-3296-4082
E-mail:koho@mics.meiji.ac.jp

「2017年度 プレスリリース一覧」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.