Go Forward

プレスリリース

ビッグイシューと協力して 世界食料デーの10/16(土)にフードロス削減に向けて 「3分の1のパン屋さん at 明治大学」を開店します

2021年10月14日
明治大学

ビッグイシューと協力して
世界食料デーの10/16(土)にフードロス削減に向けて
「3分の1のパン屋さん at 明治大学」を開店します

明治大学情報コミュニケーション学部 島田剛ゼミナールは、雑誌THE BIG ISSUE日本の応援のもとフードロス削減を目指す販売イベント「3分の1のパン屋さん at 明治大学」を10月16日(土)17:30から駿河台キャンパスにて開催します。
10月16日(土)は世界の食料問題を考える日として国際連合が制定した「世界食料デー」です。世界中の動きに連動しながら、ビッグイシューと明治大学が協力して、売れ残りのパンを買い取り、その日の夜に販売し、フードロス削減を呼びかけます。

このイベントはビッグイシュー日本が運営する「夜のパン屋さん」をモデルにしたもので、販売されるパンは、閉店時間が迫るパン屋さんから売れ残りそうな商品を仕入れるもの。ご協力いただくパン屋さんはどこも評判の人気店です。
※島田ゼミのHPは こちら

開催日時

2021年10月16日(土)17:30より開店
※売り切れた時点で閉店

販売場所

明治大学駿河台キャンパス グローバルフロント前


※駿河台キャンパスまでのアクセスマップは こちら

店名の「1/3」について

情報コミュニケーション学部 島田剛ゼミのコメント
この取り組みは「フードロスの削減」が目的の1つになっています。世界全体では年間13億トンの食べ物が捨てられていると言われています。これは、世界で1年間に生産される食料の“3分の1”にあたる量です。
また、日本では「3分の1ルール」がフードロスの一因となっています。3分の1ルールとは、生産から賞味期限までの最初の3分の1までの期間に小売店舗に納品するという商習慣です。この3分の1の期間内に納品できなかった商品は賞味期限まで日数があるにも関わらず、廃棄されてしまう場合があります。このように、フードロスの背景には“3分の1問題”があります。今回の取り組みを通じて廃棄されてしまう3分の1の食品を少しでも減らしたい。また、3分の1ルールなどの問題について考えるきっかけになりたい。そうした想いで店舗名を「1/3のパン屋さん」としました。
お問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

明治大学経営企画部 広報課
TEL:03-3296-4082
MAIL:koho@mics.meiji.ac.jp