Go Forward

所長からのあいさつ

法制研究所長 黒澤睦

 「法制研究所」は、法律専門職(特に裁判官・検察官・弁護士)を目指す学生に対して学習支援を行う明治大学公式の教育組織です。明治大学の就職・キャリア支援の一環として、公認会計士を目指す学生のための「経理研究所」、公務員を目指す学生のための「行政研究所」と並んで、「明治大学国家試験指導センター」内に設置されており、法学部生のみならず他学部の学生にも広く門戸が開かれています。また、法制研究所は、学部卒業後や法科大学院修了後も含めて、皆さんの学習の全過程を継続的にサポートできる体制をとっています。具体的には、学年・キャンパスに合わせて3つの研究室に分かれ、学部1・2年生は「和泉研究室」に、学部3・4年生・卒業生等は「駿河台研究室」に、法科大学院修了生は「猿楽町研究室」に所属しつつ、各自のレベルに合わせて相互に乗り入れての講座受講も可能です。
 法学部の法律専門科目は、5コース制がとられていることからもわかるように、多様な将来を思い描く学生がいることを前提にしています。特に法学部1・2年次は、法学部卒の社会人として必要な最低限の法的な知識や考え方を修得することを目指します。そこでは、十年、百年先の社会を見据えた法律の解釈・運用の在り方、さらに立法の在り方を考えます。法制研究所は、このような法学部での学修と並行して、法律専門職やそれに至るまでの関門突破(法科大学院入試、予備試験、司法試験)により特化した学習の支援を学部1年次の最初から行います。
 法制研究所の大きな特徴として、(1)明治大学の年間スケジュールや法学部の法律専門科目のカリキュラム(配当年次等)を考慮した講座の内容や日程となっていること、(2)択一式や論文式などの実践的な問題演習と解説・添削なども行っていること、(3)特に安価な費用での利用が可能になっていることが挙げられます。学部1年次には、年間を通じた講義形式の「憲民刑入門講座」(辰已法律研究所と提携)で基礎知識をインプットしつつ、論文演習形式の「予備試験対策答案練習講座(Aクラス)」(法学部と共催)でアウトプットの訓練をして下さい。さらに、それらの講座が休みとなる春休み期間中には「全科目論文答練」で自分の実力を試してみて下さい。
 法学部の授業と合わせてこれらの講座を受講することで、予備試験合格・法科大学院進学や法律専門職を目指すのに必須の基礎学力を身につけることができます。さらに、法制研究所は、司法試験・予備試験や(新)法曹コース制度等の制度変更に迅速に対応しつつ、皆さんの声やニーズを踏まえて企画を立て、新たな講座等を柔軟に提供できる組織です。大いに活用して、是非とも皆さんの夢を叶えて下さい。