海外ゼミ報告

アジア史専攻海外ゼミ報告

2012年アジア史専攻海外ゼミ合宿-北京ゼミ合宿の感想- 2年 女子

万里の長城八達嶺にて

 今回のゼミ合宿で初めて中国へ行ったが、食べ物も美味しくとても楽しい5日間であった。数々の史跡や博物館などを巡った中で一番印象に残っているのは万里の長城である。事前発表で扱った盧溝橋も実際に見ると写真とは違っていて素晴らしい景色ではあったが、特に万里の長城は教科書や資料集などの写真で見ていた景色を目の当たりにした時の感動と、写真からは伝わってこない迫力や壮大さを体感することができた。実際に見て、歩いてみてわかることも多くあり、本などで学ぶだけでなく、実際に現地へ行くことの大切さを実感した。

故宮太和殿前にて

 歴史以外の面でも、中国の文化を学ぶことができた。レストランや王府井の屋台などで、中国のお菓子や北京ダックの珍味など、日本では食べたことも、見たこともないものに挑戦する機会が多くあり、経験の幅が広がった。
 また、今回の旅行期間は尖閣諸島の問題で日中関係が揺れていた時期と重なっていたが、現地ではそんな雰囲気をほとんど感じることはなかった。日本に帰ってきてから見たニュースでは、中国でタクシーに乗ったら日本人とわかった瞬間に高速道路に降ろされたなどと報道していたが、私たちが乗ったタクシーの人はとても優しかったし、反対の車線で乗った方が安いとわざわざ教えてくれた運転手さんもいた。日本では中国は今過激で、中国の若者はみんなデモに参加しているかのような報道がされていたが、北京師範大の学生さんとの交流会では、日本が好きと話している方もいた。実際に自分の目で見て、体感せずに報道などを鵜呑みにすることの危険さを思い知った。そういった点において、今回この時期に中国へ行ったことによって得たものは大きかったと感じた。

北京師範大学の学生との交流会

 反省点としては、中国語がほとんどわからない状態で行ってしまったことである。もし、もっと中国語が分かれば気づいたことや、人と交流する機会もあったと感じた。今回のゼミ合宿を通して中国を知り、好きになったので、もっと歴史と中国語を勉強して、必ずまた行きたいと思った。


(明治大学アジア史専攻ホームページの2012年度海外ゼミ合宿感想文より。他の参加者の感想は、感想文のページ http://www.kisc.meiji.ac.jp/~asiashi/images/report005.pdf をご覧下さい)









「論語中国」—2011年アジア史専攻海外ゼミ報告  3年 女子  



 2011年9月8日から9月12日の5日間の中国の旅、私にとって初めての海外旅行だった。日本は真夏日が続いていたが、中国はシャツ一枚では寒く感じるほどの気温だった。そうした中、市内では故宮紫禁城や天安門広場、天壇や国家博物館など、郊外では万里の長城や明の定陵や居庸関などを廻り、悠久の歴史と中国人の息吹にふれることができた。
 




 この旅で楽しみにしていたことの一つが中華料理だ。味は想像以上でとてもおいしかった。しかしそれにもまして印象的だったことは、円卓を囲んで大人数でにぎやかに食べたことだった。料理も大量で、それをみんなでワイワイ楽しく食べる。円卓だと自然とみんなの顔を見渡すことができ、会話がしやすい。中国人にとって食事の場は単に食べるだけでなく、人間関係を築き、深めていく場であることもよくわかった。





 滞在中の一夜、北京師範大学の学生たちとの交流会があり、習いたての中国語や英語などを交え、盛り上がった。彼らの学ぶことへの意欲がすごい。国際学力テストでも中国はトップであり、日本人も負けてはいられないと焦りを感じた。それと、9月10日は教師節、教師に敬意を表する日とのことだった。日本も見習って一年に一度先生に感謝をする日をつくったら日本の教育現場も少しは変わるかもしれない。





 今回の海外ゼミで実際に中国人とふれ合ってみて感じたことは、彼らはすごく人間関係を大切にするということだ。「学びて時に之を習う、また説(よろこば)しからずや。朋あり、遠方より来る、また楽しからずや」という論語の言葉が心にのこった楽しく充実した海外ゼミであった。



上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.