Go Forward

文部科学省共催「大学教育改革地域フォーラム」開催

熱いメッセージを語る平野博文・文部科学大臣

明治大学は7月13日、文部科学省との共催による「大学教育改革地域フォーラム2012 in 明治大学」を駿河台キャンパス・アカデミーコモンで開催した。「なぜ日本の学生の学修時間は短いのか」をテーマに、教員や財界人、学生たち約200人が闊達に意見を交わし、会場は熱気に包まれた。

参加したパネリストは、文部科学省大臣官房審議官(高等教育局担当)の常盤豊氏▽明治大学政治経済学部のアームストロング=ホフ,メアリ.J特任講師▽京都大学高等教育研究開発推進センターの飯吉透教授▽明治大学の竹本田持副学長(教務担当)▽コニカミノルタホールディングス株式会社執行役人事部長の若島司氏の計5人(発表順)。また明治大学の学生4人も、フォーラムのテーマに沿って発表を行った。【 2面に続く】