2015年度 未来サポーター給費奨学生からの「感謝のことば」

奨学生の感謝の気持ちを綴った文集より一部抜粋

感謝のことば 2015

私は4年間、明治大学給費奨学生として採用され、今回初めて未来サポーター給費奨学生として採用していただきました。両親の収入が決して多くなく、学費の負担をさせてしまうことが心苦しかったので、採用された時は本当に嬉しく思いました。アルバイトが週4回から2回になり、空いた時間で勉強に力を入れることが出来ました。
(法学部4年 岡山県出身)


授業料の半分を給付していただけることとなり、とても助かります。本当にありがとうございます。私は浪人してこの大学に入りました。余裕のない中で私の将来のことを考えて浪人を許してくれた親にとても感謝していましたし、少しでも金銭的負担を減らせたらと思い、未来サポーター給費奨学生に応募しました。自分で努力し、親にも迷惑をかけつつ、やっと大学生になることができたので、価値のある4年間にしようと思っています。
(商学部1年 東京都出身)


母子家庭でありながら、体調不良が続く母に少しでも楽をさせたいと思い、奨学金に出願しました。今回未来サポーター給費奨学生に採用されたおかげで、諦めねばならない可能性があった妹の進学を無事に実現させることができました。奨学金は全て授業料に充て、残りの費用をアルバイト代等でやりくりしていこうと考えております。
(政治経済学部4年 東京都出身)


この度は、皆様のあたたかいご支援のおかげで、明治大学未来サポーター給費奨学生として採用していただけたことを、心より感謝しております。私の母も、祖母の介護や祖父の世話で忙しくしていたため、とても喜んでおります。このご支援を励みに、今後も勉学に加え学内外における様々な活動に積極的に取り組んでいきたいと考えております。
(文学部4年 東京都出身)


この度は未来サポーター給費奨学生として授業料の半額をいただけることになり、とても嬉しく思っています。小さい頃から今は亡き祖父の母校である明治大学のことをよく聞いていたので、学部は違えど同じ大学に通えることを嬉しく思うと同時に、寄付をされた方々のご厚意でこのようにして頂けること、感謝の気持ちで一杯です。
(情報コミュニケーション学部1年 東京都出身)


私は母や兄のために、この奨学生制度に出願しました。母はシングルマザーとして働きながら私と兄を育ててくれ、時には体調を崩しながらも祖父母の介護もこなしてきました。兄は就職以来ずっと私の学費を援助してくれました。そんな2人への恩返しを探していたところ、この制度を知り、去年1年間は成績基準に達するよう日々努力してきました。採用が決まり、努力が報われた喜びはもちろんのこと、学費の負担が軽減されたことで少しでも母と兄の助けになればと思います。
(総合数理学部2年 東京都出身)

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.