Go Forward

Web出願移行 2016年度一般入試志願者数10年連続10万人超

2年連続で前年上回る

コートを着込み、足早に試験場へ向かう受験生たち(駿河台)

明治大学の2016年度入学試験は、3月4日に出願締切となる「大学入試センター試験利用入試(後期日程)」など一部を除き試験日程を終えた。特別・推薦入試を除く一般入試の志願者数は2月9日の時点で10万8055人。10年連続で10万人を超えるとともに、2年連続で前年を上回った。一般入試をすべてWeb出願に移行したことなどが増加要因とみられる。【 9面に志願者数データ一覧】

主要私立大学の2016年度志願状況は別表の通り。志願者数が最終的に10万人を超えるのは本学のほか、早稲田大学、法政大学、近畿大学、日本大学の計5校となる見込みで、本学の最終志願者数は3月上旬~中旬に確定する。

入試種別ごとの志願者数では、各学部が実施する「一般選抜入試」が前年度比7.9%増の6万374人。10学部中7学部が志願者数を増やし、特に政治経済学部は8030人(前年度比27.6%増)と大幅増だった。

1回の受験で複数学部への出願が可能な「全学部統一入試」は2月5日、本学3キャンパス(駿河台・和泉・生田)と全国6都市(札幌・仙台・名古屋・大阪・広島・福岡)の会場で行われ、志願者数は前年度比1.3%増の1万7956人だった。

「大学入試センター試験利用入試(前期日程)」の志願者数は、前年度比5.7%減の2万9725人。商、政治経済(地域行政学科を除く)、理工(機械工学科を除く)、総合数理の4学部が3月4日まで、後期日程の出願をそれぞれ受け付けている。

入試情勢に詳しい「(株)大学通信」安田賢治ゼネラルマネージャー

国立大学との併願傾向や安全志向により、私立大学全体でも4%ぐらい志願者数が増えている。特に明治大学は就職に強いことなど、安心感のあるイメージが高いことが大きい。Web出願への全面移行により手続きが簡単になり、受験しやすくなったこともプラスに転じたのではないか。

2016年度入試 主要私立大学志願状況

大学名 志願者数 前年数 前年比
明治 108,055 105,702 2,353 (102.2%)
※早稲田 108,039 103,494 4,545 (104.4%)
※法政 101,976 93,986 7,990 (108.5%)
近畿 101,880 113,704 11,824 (89.6%)
日本 99,614 94,127 5,487 (105.8%)
立命館 87,898 87,668 230 (100.3%)
中央 74,423 69,818 4,605 (106.6%)
関西 73,799 82,941 9,142 (89.0%)
東洋 72,699 75,365 2,666 (96.5%)
千葉工業 69,552 50,888 18,664 (136.7%)
(株)大学通信調べ(2月20日現在) ※は志願者数確定