Go Forward

秋学期はフジッコとコラボ、4キャンパスで「100円朝食」

笑顔で朝食をとる学生たち(生田)

学生健康保険互助組合の予防給付活動として学生の食生活改善を目的に、2014年度から期間限定で実施している「100円朝食」。秋学期は10月3日~11月11日までの期間、駿河台・和泉・生田・中野の4キャンパス入れ替わりで実施している。今回は、フジッコ株式会社から協賛を受け、毎週水曜日は「朝のたべるスープ」を提供する「水曜日はフジッコDAY」とする初の試みを行っている。

利用した生田キャンパスの学生からは、「温かいスープが朝から飲めてうれしい」「一人暮らしなので、(100円朝食を)毎日やってくれるとありがたい」といった声が聞こえるなど、好評の様子だった。

~この機会に知ってください~「学生健康保険互助組合」

万一の病気やケガによる学生の経済的負担を軽減するために一定額の給付を行い、相互に救済することを目的として1964年に発足。キャンパス周辺、全国主要都市の医療機関と医療契約を結んでいる。学生証と健康保険証を提示すれば、外来診療分の医療費(保険診療分のうちの自己負担分)は学生健保が直接医療機関に支払うため、組合員(学生)の自己負担はない。

利用できる医療機関は明大HP( https://www.meiji.ac.jp/campus/gaku_ken/kikan1.html)で周知している。