春の叙勲・褒章

納谷元学長に瑞宝重光章

政府は4月29日、2017年春の叙勲・褒章などの受章者を発表した。

明大関係者からは、公務等に長年にわたり従事し、成績を挙げた人に授与される「瑞宝重光章」を納谷廣美元学長が受章したほか、計7人が叙勲対象者となった(5月23日時点)。

納谷元学長は、2004年度から2期8年にわたり明治大学長として教学改革を主導。また、公益財団法人大学基準協会の会長も務めるなど、学内外において大学の質的向上に尽力してきた。

このほか、各県校友支部等を通じて報告された明大関係者の受章者は、次のとおり(敬称略・年齢は受章時)。

叙勲

旭日小綬章

池端 俊策(いけはた・しゅんさく)
脚本家。1970年政治経済学部卒業。71歳

瀨山 孝一(せやま・こういち)
元船橋市議会議員。1961年政治経済学部卒業。79歳

旭日双光章

殿村 元二郎(とのむら・もとじろう)
元全国椎茸商業協同組合連合会理事長。1961年政治経済学部卒業。78歳

瑞宝重光章

納谷 廣美(なや・ひろみ)
元明治大学長。1962年法学部卒業。77歳

瑞宝中綬章

桑田 宜典(くわだ・よしのり)
元岐阜県副知事。1959年法学部卒業。80歳

三枝 一雄(さいぐさ・かずお)
明治大学名誉教授。1960年法学部卒業。79歳

百瀬 惠夫(ももせ・しげお)
明治大学名誉教授。1968年大学院政治経済学研究科修了。82歳

瑞宝小綬章

藤井 秀幸(ふじい・ひでゆき)
元広島県商工労働部長。1968年法学部卒業。71歳

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.