Go Forward

国際連携機構 特任・客員教員一覧

特任教員

※ 職格及び氏名(アルファベット)順
※ 授業、シラバス詳細は Oh-o! Meiji システムからご参照ください
氏  名 横川 綾子(よこがわ あやこ)
 
職  格 特任教授
研究分野 TESOL(英語教授法)、グローバル人材育成教育
担当科目 「留学志望者対象英語プログラム(TOEFL S&W Skills, TOEIC L&R Skills等)」、「海外語学研修講座(英語)」
プロフィール Master of Science in Education, Temple University Japan Campus, 2012

上智大学法学部国際関係法学科卒業。テンプル大学ジャパンキャンパス大学院教育学研究科教育学修士号取得。明治大学におけるグローバル人材育成教育の一環として「留学志望者対象英語プログラム」の開発・運営に携わる一方、英語教員や学習者を対象としたセミナーを国内外で行う。趣味は歌舞伎鑑賞と朝ラン。

主要論文:『渡航前オンラインレッスンと短期集中研修(フィリピン)によるハイブリッド型英語発話力向上プログラム』(グローバル人材育成教育研究第6巻第1号, 2018年)、『TOEIC® 600点4年次進級要件導入の現況と考察:小規模理系大学による野心的な試み』 (グローバル人材育成教育研究第3巻第2号, 2016年, グローバル人材育成教育学会第3回論文賞受賞)

著書:『実戦力徹底トレーニング 書く英語(共著者:大六野耕作)』(2019年, アルク)、『「伝わる」スピーキングの教科書~パブリック・スピーキング入門~』(2018年, 桐原書店)ほか多数

取得資格:TOEIC® L&R 990, TOEIC® S&W 200/200, TOEFL® ITP 660, 英検1級, 通訳案内士(英語), TOEFL iBT® Propell Workshop Facilitator, TOEIC® (4 skills) Propell Workshop Instructor, TOEFL Junior®/Primary®/ITP® Teacher Workshop Instructor, JSAF-IELTSTM Academic Supervisor等
メッセージ 21世紀のグローバル社会を自在に渡っていくには、正解のない問いを考え抜く思考力、多様な文化や価値観を理解し受容する柔軟性、自分の意思を明快に伝える表現力が武器になります。学生の皆さんにとって海外留学は、こうした資質を身に付ける絶好のチャンス!「日本」という安心で居心地の良いコンフォートゾーンを抜け出し、「世界」という大きな成長が期待できるストレッチゾーンに身を置きましょう。明治大学に眠る分厚いグローバル人材予備軍を覚醒させるミッションに、英語力強化の面から貢献するのが私の仕事です。
氏  名 天木 勇樹 (あまき ゆうき)















 
職  格 特任准教授
研究分野 国際比較教育学、教育社会学
担当科目 「留学理解講座」、「日本社会・文化理解講座」、「海外文化・専門集中講座」、「海外語学研修講座(各語種)」、「短期海外実習」、「海外実習」、「長期海外実習」、「海外実習課題研究」
プロフィール 博士(教育学)。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)でアジア言語文化研究(主専攻)、教育学(副専攻)を学んだ後、UCLA教育・情報学大学院で教育社会学、国際比較教育学を学ぶ。 専門は、米国の高等教育制度、留学生政策、マイノリティの教育支援などである。教育業界での勤務を経て、2013年より明治大学国際連携機構に着任。また、アメリカ学部卒業生ネットワーク(USCANJ)のメンバーとして高校生や大学生などに米国留学に関するアドバイスを行う。
主要研究論文として、「Perspectives on English Education in the Japanese Public School System: The Views of Foreign Assistant Language Teachers (ALTs)」(2008) 「Postsecondary Educational Decision-Making among First-Generation College-Bound Students in Okinawa Prefecture: Report of a Quantitative Survey」(2013) など。
メッセージ 留学する学生の性格に向き不向きなどありません。性格よりも精神的にタフになれるかどうかが重要です。文化や言葉の壁など様々な困難に直面する留学生活では、失敗を恐れずに何事にも無我夢中で取り組むことが留学生活を成功に導くための大切な鍵となります。失敗や挫折は決して遠回りではなく、失敗から学ぶことも沢山あり、必ず自分自身の財産になると思います。貴重な学生生活を通じ、異なる環境で育った様々な学生たちと知り合いになり意見を交わすことを通して、他の文化や価値観も受け入れることができる柔軟性に富んだ人に成長していただけたらと思います。
氏  名 井本 美穂(いもと みほ)
職  格 特任准教授
研究分野 日本語教育学
担当科目 「日本語1-2(総合)」、「日本語1-2(読解・漢字)」(留学生共通日本語)
プロフィール Master of Science in Education Harding University, Arkansas 1994
国際基督教大学(ICU)で視聴覚教育、国立国語研究所長期日本語教育専門研修で日本語教育について学び、ハーディング大学で第二言語習得、特に読解指導について学ぶ。
(公財)中国帰国者定着促進センター教務課日本語講師、聖学院大学人文学部欧米文化学科特任講師、国際基督教大学夏期日本語教育(サマーコース)非常勤講師、明治大学国際連携留学生共通日本語兼任講師などを経て2016年より現職。主に、日本語教育センターで運営している「留学生共通日本語」、「日本語入門プログラム」、「日本語短期研修プログラム」のコーディネーション業務に従事。

【主な著書】
『挑戦!日本語能力試験N2-中国帰国者のためのN2対策-(上)(下)』(CD, 指導者用解説書付)共著, 公益財団法人中国残留孤児援護基金 2014年
『新・日本の生活とことば4—学校 上・下巻』共著, 財団法人中国残留孤児援護基金 2011年 など 
メッセージ 日本に永住帰国した中国残留日本人孤児の日本への社会適応を目指す「日本語・日本事情教育」に携わってきました。明治大学の留学生には日本語を学ぶことにより、専門での研究を実り多きものにし、自信を持って周囲の日本人と関わっていけるようにバランスの良い日本語の力をつけさせたいと考えています。同時に、国や立場の違いを越えて互いの文化や習慣を尊重する姿勢も養いたいと願っています。
氏  名 二瓶 知子(にへい ともこ)
職  格 特任准教授
研究分野 日本語教育学
担当科目 留学生共通日本語科目
プロフィール 昭和女子大学大学院文学研究科にて修士号取得。独立行政法人国立国語研究所日本語教育基盤情報センター研究補佐員、明治大学国際連携機構及び文学部兼任講師、The Japan Foundation, Jakarta日本語専門家、独立行政法人国際交流基金日本語国際センター専任講師などを経て現職。主に、日本語教育センターの「留学生共通日本語」科目、「日本語短期研修プログラム」などの企画・運営に携わる。

主な著書: 『もっと中級日本語で挑戦!スピーチ&ディスカッション』共著(2013)凡人社、『中級日本語で挑戦!スピーチ&ディスカッション』共著(2012)凡人社、『外国人のためのケータイメール@にっぽん』共著(2008)アスク出版 など
所属学会: 日本語教育学会、異文化間教育学会、国際理解教育学会、ビジネス日本語研究会、JSL漢字学習研究会 など
メッセージ これまで、国内外において、年少者や学生(留学生)、一般社会人等に対する日本語教育や、海外日本語教師対象の教師教育に従事してきました。仕事をする中でいつも驚くのは、皆さんの日本や日本語への“愛”と“情熱”の高さです。是非、あなたの心の中にある「なぜ日本語を学ぶのか(Why)」を私に教えてください。そして、そのために「どんな日本語が必要なのか(What)」、「どう学んでいけばいいのか(How)」を一緒に考えていきましょう。明治大学への留学が、皆さんの人生に、“笑顔”と“ワクワク”をもたらしますように!
氏  名 水倉 亮(みずくら りょう)
 
職  格 特任講師
研究分野 応用言語学
担当科目 「海外文化・専門集中講座」、「海外語学研修講座」、「短期海外実習」、「海外実習」
プロフィール Master of Arts in Teaching of English to Speakers of Other Languages (TESOL), University College London, 2016

明治大学情報コミュニケーション学部情報コミュニケーション学科卒業。明治大学在学中、スウェーデン リンシェーピン大学教育科学部にて交換留学生として滞在し、スウェーデンの教育制度および社会福祉制度について学ぶ。イギリス ロンドン大学ユニバーシティカレッジの教育研究所にて応用言語学および英語教育について学ぶ。現在はスペイン リェイダ大学地域文化遺産研究科 応用言語学専攻の博士課程に在籍。

専門分野は応用言語学。研究テーマはトランスリンガリズム (Translingualism)、教員および学生のアイデンティティについて。

私立高等学校教員、立命館アジア太平洋大学 言語教育センター英語科 非常勤講師および嘱託講師を経て現職。主に、正規および交換留学生の受け入れ、留学生支援プログラムの開発およびコーディネーション業務に従事。
メッセージ 留学生活は人生を豊かにする貴重な経験です。様々な人の価値観に触れ自分を見つめ直すことで、世界で起こる様々な出来事を客観的に捉えることができるようになります。私は留学を通して国籍を超えてかけがえのない大切な友人がたくさんできました。皆さんもぜひ一生付き合えるような貴重な人間関係をここ明治大学で築いてください。留学生活中には気分の浮き沈みもありますし、自国では経験し得ないような大きな失敗や困難に遭遇することもあるでしょう。しかし、自分に起こった全てのことがあなたを大きく成長させてくれます。何か困ったこと、辛いことがあればいつでも話しに来てください。

連絡先

明治大学 国際連携事務室 ( グローバルフロント2階
International Collaboration Office, Meiji University
TEL:03-3296-4191
FAX:03-3296-4360
Email: ico@mics.meiji.ac.jp