大学生観光まちづくりコンテスト2016—政経・市川ゼミ、経営・歌代ゼミが受賞

ダブル受賞となった市川ゼミ青森班のメンバー

大学生観光まちづくりコンテスト運営協議会(事務局:株式会社JTB総合研究所、株式会社三菱総合研究所)が主催し、観光庁、文部科学省等が後援する「大学生観光まちづくりコンテスト2016」に、明治大学から政治経済学部の市川宏雄ゼミ、経営学部の歌代豊ゼミの計4チームが出場。現地のフィールド調査・分析に基づく、観光まちづくりプランを全国の大学生と競い、市川ゼミが観光庁長官賞(最優秀賞)とクリエイティブ賞をダブル受賞するなど、明大勢が4部門で受賞を果たした。

昨年から継続の青森、山梨、大阪、大分に、新規の北陸を加えた5地区ステージで実施された同コンテスト。青森ステージ本戦が9月6日、ねぶたの家 ワ・ラッセ(青森市)で開催され、エントリー35チームから予選を通過した10チームが発表を行った。市川ゼミ青森班は、子ども連れ家族をターゲットに、子どもの発想力や自立性を養う、教育をテーマとした体験型観光プランを提案。プラン作成のために何度も足を運び、自治体や商店会、観光協会などから承認を得るなど、確度の高い内容で、最優秀賞に相当する観光庁長官賞とクリエイティブ賞を受賞。また、温泉など地元資源を活用し、台湾人観光客の誘致を目指した歌代ゼミ青森支部のプランがJTB賞を獲得した。

9月13日、金沢アートホール(金沢市)で開催された北陸ステージ本戦では、予選通過した12チームが発表。歌代ゼミteam北陸が、北陸イメージアップ推進会議賞、市川ゼミ北陸班が石川県観光連盟賞とJTB賞を受賞するなど、存在感を発揮した。なお、同コンテンストにおいて、歌代ゼミは6年連続、市川ゼミは5年連続で提案したプランが受賞している。

各チームの受賞プラン

ゼミ・チーム 受賞部門・プラン
市川ゼミ青森班
(青野悠里子、青木菜穂、谷口未桜、原田美希、服部拓哉、山本翔太)
観光庁長官賞/クリエイティブ賞
三しょく兼備~津軽で楽習しへんが??~
市川ゼミ北陸班
(飯尾俊介、加納剛之、狩野凱史、塩紗奈美、篠原光、曽我部龍樹、中村つゆみ)
石川県観光連盟賞/JTB賞
湯游感泳-Healing Japanese Culture for Active learning-
歌代ゼミ青森支部
(青柳紘太、淺見明日香、河内実紗、平井克典)
JTB賞
「食」を活かした深浦まちづくり構想~深浦の食を日本へ、世界へ、そしてミライへ~
歌代ゼミteam北陸
(阿部直樹、山岡優佳、山下公輔)
北陸イメージアップ推進会議賞
~美~3つの「SHOKU」で繋ぐ北陸
     

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.