Go Forward

情報コミュニケーション学部・内藤ゼミ 南房総の魅力が詰まった物語本を出版

「南房総×物語」が詰まった一冊に

情報コミュニケーション学部の内藤まりこゼミナールに所属していた学生有志が、千葉県南房総市に関わる方々のインタビューをまとめ、このたび物語本『ふるさとを編む』(税込1,000円)を出版した。

「『シェア』で読み解く個人と社会-分有・共有の物語学」をテーマに研究を行う内藤ゼミでは、2016年にゼミ生15人が千葉県南房総市と関わりのある方々10人にインタビューを実施し、物語を執筆していた(本紙 695号既報)。

同ゼミの終了後、受講生有志が集まり、完成した物語8編の出版を検討し、2016年12月末から出版に必要な費用を調達するためにクラウドファンディングを開始。2017年2月末に目標金額を上回る支援が集まり、2年がかりで念願となる本の出版を果たした。

製本された400冊うち、50冊が南房総市に寄贈され、市の図書館や図書室のほかに、郷土愛の醸成を目的に、市内の中学校や高校の図書室に配置される予定。その他、大学内の書店や一般書店、インターネット( https://mbproject.theshop.jp/)などで販売していく。