Go Forward

留学プログラム

2019年度トップスクールセミナーを実施しました

2019年12月02日
明治大学 政治経済学部事務室

授業の様子1授業の様子1

授業の様子2授業の様子2

授業の様子3授業の様子3

政治経済学部では、世界各国の「トップスクール」と呼ばれる海外大学から、毎年客員教員として教員を招き、英語による専門分野に関する授業を開講しています。

今年度は春学期にベトナムからソン・トゥング タン先生(ベトナム国家大学ホーチミン市人文社会科学大学)、インドネシアからフィトリアーニ・エフィ先生(インドネシア大学)の2名の教員をお招きし、計17名の学生が受講しました。

秋学期は、カナダからラヴォワ・マルク先生(オタワ大学)、ドイツからトラウトヴァイン・ ハンス-ミハエル先生(カール・フォン・オシエツキー大学オルデンブルク)、オーストラリアからカーステン・リッキ先生(マードック大学)およびモーク・ピーター先生(西シドニー大学)の4名の教員をお招きし、計40名の学生が受講しました。

各教員は、それぞれの専門分野に関する講義を英語で実施しました。
政治経済学部生だけではなく他学部の学生も履修しており、トップスクールセミナーの各授業は、学生にとって多角的な視点から専門分野を学ぶことができる場となりました。

また、履修した学生は、明治大学にいながら、特別な費用をかけずに海外大学の授業を体験でき、英語力を磨くだけではなく、専門分野に対する興味や視野を広げることができました。

トップスクールセミナーの授業内容及び開講期間等に関する詳細は, こちらをご覧ください。