分科会 飛鳥・藤原を学ぶ会

分科会 飛鳥・藤原を学ぶ会

 七世紀、列島には新しい国家が成立しました。
 「日本」が誕生したのです。その舞台が“飛鳥・藤原”でした。そして、その地は今も日本の心のふるさとといわれています。なぜ“飛鳥・藤原”の地が「日本国誕生の地」であり「日本のふるさと」といわれるのでしょう。
 東アジアは、中国で隋、唐帝国が成立し、その覇権的支配領域の拡大策により周辺諸国は、その属国になるか対抗するかの厳しい選択を突きつけられていました。「日本」はどのような国家をめざしたのでしょうか。飛鳥・藤原の人々は、その過程を多くの文化遺産(考古学、古代史学、建築史学、万葉学、国語学、美術史学、と広範)として残しております。
 皆さんと一緒に学んでいきたいと思います。
例会
毎月第3水曜日 14時~16時30分
場所
博物館教室
お問い合わせ先

明治大学博物館友の会

分科会へ入会希望の方、見学を希望される方は、希望される分科会名と入会希望または見学希望とご記入のうえ、下記へはがきまたはメールでご連絡下さい。

ご希望された方には各分科会よりご案内します。
(現在、募集を行っていない分科会もあります。)
※分科会に正式に入会された方は、明治大学博物館友の会に入会していただきます。(必須条件)


【はがき】
〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
明治大学博物館友の会

【メール】
meihakutomonokaig★gmail.com
(上記アドレス中、★を@に置き換えてご利用ください。)