明治大学博物館

【明治大学博物館】当館所蔵資料「山形土偶・遮光器土偶」をモチーフとしたTシャツを制作しました

2021年10月21日
明治大学 博物館事務室

明治大学博物館は、所蔵する縄文時代の土偶の中でも特に人気が高い「山形土偶」と「遮光器(しゃこうき)土偶」をモチーフとしたTシャツを制作しました。
先日、当館Twitter企画にて、ミュージアムグッズ化(アクリルキーホルダー)を巡り、熾烈な人気投票バトルを繰り広げた二体が仲良く並んだデザインになっています。
当館ミュージアムショップにて取り扱っておりますので、ご来館の際に是非お買い求めください。

【販売場所】
明治大学駿河台キャンパス アカデミーコモン地階 明治大学博物館ミュージアムショップ
【販売価格等】
1枚1,100円(税込)、サイズ:S.M.L.XL.XXL
 

【山形土偶とは】
千葉県江原台遺跡(縄文時代後期、約4400~3000年前)から出土。頭の形が山の形をしていることから山形土偶と呼ばれ、同様の土偶は関東地方で多く作られている。
 
【遮光器土偶とは】
青森県亀ヶ岡遺跡(縄文時代晩期、約3000~2800年前)から出土。極地周辺の人々が雪原で用いたゴーグル(遮光器)にそっくりな目元であることからこの名前で呼ばれている。

色はグレーです色はグレーです

左胸に仲良く並んでいます左胸に仲良く並んでいます

右袖には当館ロゴマーク右袖には当館ロゴマーク

山形土偶山形土偶

遮光器土偶遮光器土偶

お問い合わせ先

明治大学博物館

〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1 アカデミーコモン地階
TEL:03-3296-4448  FAX:03-3296-4365
※土曜日の午後、日曜日・祝祭日・大学の定める休日は事務室が閉室となり、お電話等の対応はできかねます。あらかじめご了承ください。