Go Forward

明治大学における研究費にて購入した換金性の高い物品の適切な管理に関する申合せについて

1 趣旨
 研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)(平成19年2月15日(平成26年2月18日改正)文部科学大臣決定)(以下「ガイドライン」という。)において,換金性の高い物品の適切な管理が要請されています。
 このたび,ガイドラインの要請に対応し,本学における換金性の高い物品の対象を明確化し,その管理規定を定めることを目的として,「明治大学における研究費にて購入した換金性の高い物品の適切な管理に関する申合せ」を制定しました。
2 換金性の高い物品の範囲
 「明治大学における研究費にて購入した換金性の高い物品の適切な管理に関する申合せ」において,換金性の高い物品とは,研究費にて購入した,1件若しくは1組の価額が20万円以上で耐用年数が1年以上の機器備品及び1件若しくは1組の価額が5万円以上20万円未満で耐用年数が1年以上の準備品と定義しました。