経営学部

受験生向け

在学生向け

関連情報

会計学科

2015年度入試から導入した学部一括入試により、2年次から学科に所属します。

グローバルビジネスに挑む武器を身につける

 会計は、あらゆるビジネスシーンでもっとも役に立つ経営情報を作成・提供します。世界を舞台に活躍するビジネスパーソンにとって、現地取引先との価格交渉のためのコスト情報や売上・利益の予想等の財務情報は不可欠です。また、金融市場に参加する投資家や債権者にとって、投資リターンについての的確な見通しが立たなければお金は出せません。これが「会計はビジネス社会の共通言語」と呼ばれる理由です。会計学科は、グローバルに展開するビジネス社会に会計を武器として挑む人材を育成します。初学者向けの簿記会計から、公認会計士や税理士等の会計専門職業人に必要となる実践科目まで、段階的に編成されたカリキュラムで会計センスを身につけ、ビジネスの未来を切り拓いてください。

目指す将来イメージ

  • 企業の企画部門・経理部門で活躍
  • 会計の知識をいかして公務員、NPO職員として活躍
  • 国際会計基準,アメリカ会計基準等の知識をいかしてグローバル企業のコントローラーになる
  • 経営コンサルティングファーム、シンクタンクで専門性をいかす
  • 公認会計士、税理士等のスペシャリストになる

会計学科 設置科目図

会計学科設置科目図

 1年次には、学部必修科目の簿記論、2年次の財務会計総論、管理会計総論を履修することにより、企業活動を数値によって把握するという会計の基礎を習得します。3・4年次に学科専門科目を履修することによって会計理論を体系的に学び、ビジネスシーンでもっとも役に立つ「経営情報」を作成することや「会計情報」を読み解いて、的確に意思決定を行うことのできる専門性を身につけます。

関連するページ

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.