経営学部

受験生向け

在学生向け

関連情報

カリキュラム

知っておこう、大学の時間割

時間割は自分で作る

 大学のカリキュラムは段階的・系統的に学習ができるように科目が配置されています。シラバスという講義内容がまとめられた冊子を参考に、自分の興味や将来の方向性に基づいて履修する科目を決めます。大学生は自分の責任で時間割を作るのです。
 1・2年次は教養科目、3・4年次は専門科目が中心に設置されていますが、1・2年次にも入門的・基礎的な専門科目が用意されています。これらは専門科目を理解する上で重要ですから、しっかりと理解しておきましょう。

ゼミナール(演習)

 ゼミナール(演習)は10~20名の少人数の学生が指導教員を囲んで学ぶところです。経営学部には、1・2年次の「教養演習」と,2・3・4年次の「演習」があります。「演習」では合宿や他大学との交流を行うゼミもあり、4年次には重要な卒業論文を書きます。4年生になると履修科目数は少なくなりますが、時間割に表れない多くの時間を費やすことになります。卒業論文の作成では、1つのテーマについて深く掘り下げる研究の進め方と、出てきた結果を論理的にまとめる方法を勉強します。苦労して作り上げた卒業論文は大学生活のまとめとも言えるでしょう。

経営学部のカリキュラム基本構造

「教養科目」で基礎学力を身につける

教養科目

 「教養科目」は、専門分野を学ぶための基礎学力を身につけることを目的としています。授業では多様性を理解し、多角的にものごとを見る眼を養うことに力を入れており、社会で働く際に必要不可欠である柔軟な思考力を身につけられるよう多様な科目を配置しています。また、少人数ゼミ形式の「教養演習」や「レポート・論文作成法」があり、論文やレポートの書き方を学びます。さらに、全学部共通の「ICTリテラシー」科目には基礎から応用まで体系的に学びたい人向けの科目から、コンピュータやインターネットをある程度使いこなせて、実践的情報処理能力をさらに高めたい人向けの科目まで幅広く用意されています。

「外国語科目」で言語感覚・国際感覚を磨く

「使える英語」の習得を





 国際化に伴い、英語力はますます必要とされています。ビジネスの世界だけではなく、現代社会すべてにおいて、外国語能力は情報リテラシー能力とともに必要不可欠な2本の剣と考えて良いでしょう。そこで、経営学部では「使える英語」を習得することを目的に、コミュニケーション能力を向上させるプログラムを用意しています。また、経営学部では実践英語習得のために、TOEIC (Test of English for International Communication)を実施しており、1・2年次の英語クラスはTOEICスコアをもとに習熟度別に編成しています。さらに英語能力を高めたい人に、3・4年次にはビジネス社会でいかせる専門的な英語の授業も用意しています。

充実した初習外国語

授業の様子

 入学時に、英語・ドイツ語・フランス語・中国語・ロシア語・韓国語・日本語(外国人留学生が対象)から2ヶ国語を選択し、2年間必修科目として学習します。また、「もっと勉強したい」という人には、豊富な選択外国語科目が用意されています。なぜ英語以外の言語を学ぶのでしょうか?ビジネス社会の国際化が進むなかで、世界の多様な文化・地域にアクセスし、新たな世界を切り開く力を身につけることができるからです。

充実のコミュニケーション科目



 経営学部自慢の外国語コミュニケーション科目は、ネイティブ教員とやさしい言葉で会話したり、外国の衛星放送などのAV教材を視聴したり、楽しく外国語が学べる授業を行っています。少人数ならではの緊張感を保ちながら、きめ細やかで充実した授業が受けられると好評です。

「基礎専門科目」で専門教育の基盤をつくる

 「基礎専門科目」は各学科の基礎となる科目です。1年次から履修できる科目も多く、早くから経営学に関わる専門領域を学べます。自分の問題意識を明確にするために、あるいは広い視野から問題を見つけ出すために、そして深く考え、確かな答えを見つけ出すためには幅広い専門知識が必要となります。1年次での「基礎専門科目」の学びをもとに、2年次での学科選択を行うことで、より深く専門領域に打ち込むことができます。具体的な科目は、大きく分けて「経営学に関する基礎専門科目」、「経営学にかかわる法律を学ぶ基礎専門科目」、「経営の国際化に対応した基礎専門科目」という3つの分野に加え、英語で実施する「基礎専門特別講義」を用意しています。
経営学に関する基礎専門科目
  • Introduction to Management
  • 経済原論
  • ビジネス・エコノミックス
  • Japanese Economy
  • 経済史
  • 日本経済史
  • 経営史
  • 経営統計学
  • 経営基礎数学
  • 社会調査法
  • 経営社会学
  • 経営心理学
  • 産業生理学
  • 経営と環境
  • 経済地理学
  • 企業の社会的責任論
  • 情報化社会論
  • ネット・ビジネス論
  • コンテンツ・ビジネス論
  • 戦略経営情報システム論
  • 経営文献研究
経営学にかかわる法律を学ぶ「基礎専門科目」
  • ビジネス法
  • 会社法
  • 手形法・小切手法
  • 財産法
  • 税法
  • 労働法
経営の国際化に対応した「基礎専門科目」
  • イギリス文化論
  • アメリカ文化論
  • ドイツ文化論
  • 東欧文化論
  • 中国文化論
  • フランス文化論
  • 東南アジア文化論
  • 日本文化論
  • 海外経営事情
時代の要請に応じたテーマを取り入れた英語での講義
  • 基礎専門特別講義

「学科必修科目」・「学科専門科目」

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.