Go Forward

経営学部

フィールドスタディC(ハイアットリージェンシー京都:鷲見先生)実施報告

2015年10月07日
明治大学 経営学部


 ハイアットリージェンシー京都訪問は今回で5回目です。いまでは、General Manager (総支配人)の横山健一郎さんとは、長いおつきあいになっています。毎年、7月下旬に訪問するのですが、今回は、期末試験が終わった後の8月の猛暑の中での訪問でした。
 ハイアットリージェンシー京都は、現在、明治大学と学生のインターンシップ協定を結んでいます。訪問時には丁度、明治大学からのインターンシップでハイアットリージェンシー京都に来たばかりの学生2名(商学部と国際日本学部から)がいて、スタッフ研修(導入トレーニング)で偶然合う事ができたのには驚きました。参加学生の一人が商学部からのインターン学生を知っていて、嬉しかったです。
 訪問の主要なテーマは、外資系ホテルの国際経営です。日本の旅館を始めとする日系ホテルの多くが経営不振である中、都市再開発の流れに乗り、外資系ホテルチェーンの日本市場への参入が顕著ですが、その多くは好業績を誇っています。どうしてでしょうか。ホテルビジネスのソフト面であるサービスと人事の側面を中心に、総支配人、マネージャー、スタッフの方々にお話を伺いました。2日間の訪問でしたが、食事でのインフォーマルな会話の時間を入れると全部で約12時間のヒアリング。密度の濃い訪問でした。
 加えて、特に食事中のインフォーマルな会話では、これから就職活動を控えた3年生に対して、アドバイスをしていただき、体験談も聞かせてもらいました。学生にとっては、こうした仕事の現場で活躍している人に実際に接する事は、新鮮であるだけでなく、非常に勉強になります。そもそも、それ自体が、フィールドスタディの目的です。
 前述のように、ハイアットリージェンシー京都は明治大学からのインターンシップの受け入れ企業ですが、それだけではありません。毎年の訪問では、私たちは特別レートで宿泊させていただき、ホテルでの会食費用のディスカウント、および、会議室の使用料を免除してもらうなど、金銭的にしたら、計り知れないくらいお世話になっています。横山さんをはじめ、ハイアットのスタッフの皆様、ご協力どうも有り難うございました。

訪問スケジュール
第1日目
13:30〜18:30 新人スタッフ導入トレーニング見学、人事部アシスタントマネジャー、牧野さんからのホテル紹介、総支配人の横山さんよりホテル概要についての説明、料飲部長の和田さんより料飲部の仕事についてのお話
19:00〜横山さんを交えて夕食(毎年、横山さんがおいしいお店を紹介してくれます。)
ハイアットリージェンシー京都泊

第2日目
10:30〜12:30 人事部長の竹田さんによる人事業務のお話
12:30〜 竹田さんを交えてホテルでの昼食@Trattoria Sette
14:30 ホテル出発(京都駅へ)

専任講師 鷲見 淳
---------------------------------------------------------------------------------------------------
  In this Field Study C, we visited Hyatt Regency Kyoto. Since our first visit in 2011 this is the fifth visit, and Mr. Kenichiro Yokoyama, a general manager of the hotel, has been accommodating us for the interviews with managers and staffs. Upon the arrival, to our surprise, we found that two students from Meiji University (one from the Commerce Department, the other is from the Global Study Department) were then working for the Hyatt as a student intern.
 The main theme of this Field Study C was international management of foreign-affiliated hotels in Japan. In contrast with declining Ryokans and Japanese hotel chains, many foreign-affiliated hotel chains demonstrate remarkable performances within a wider trend for the re-development of major cities in Japan. Why? Is there any difference in the ways hotel business is managed and in the ways service is provided between Japanese and foreign-affiliated hotels?
 In this Field Study C, we had extensive interviews with Mr. Yokoyama, and with other managers and staffs of the hotel by focusing on “soft” side of the hotel business – services and human resource management.
 Although the visit lasted for only 2 days, we had almost 12 hours of formal as well as informal interviews, and during lunch and dinner time, Yokoyama san and Takeda san, a human resource manager, gave us precious advises for job hunting and told us their own experiences when they were hunting for the jobs. These formal and informal conversations with managers and staffs were, for students, really fresh and mind-opening experiences when compared with lectures in classroom environments.
 Hyatt Regency Kyoto does not only cooperate with Meiji University in the internship program. The hotel also helps us in many other ways: In every visit, Yokoyama san gave us a special discount rate for staying at the hotel as well as other discounts for lunches and dinners in the hotel restaurants, and even exempted us paying for using the conference rooms all day. We have no words to say thank you, Yokoyama san!