Go Forward

センター長あいさつ

センター長あいさつ

明治大学レインボーサポートセンターは,性のあり方にかかわらず,すべての学生が適正に教育研究その他の活動を行うことのできる環境の整備及びあらゆる多様性を受容・尊重できる価値観を有する人材の育成に資することを目的として,2020年2月に設置されました。

明治大学は,建学の精神「権利自由・独立自治」及び「ダイバーシティ&インクルーション宣言」(2018年11月公表)に基づき,学内におけるすべての教育研究活動が,人権尊重の精神の下に,あらゆる多様性を受容し,差別や偏見による人権侵害が生じることのないよう運営の推進を図っています。この理念を踏まえ,2019年12月に「多様な性に配慮した教育研究のあり方に係る基本方針」を定め,この方針の実現方策として,レインボーサポートセンターを設置,センターに係る規程を制定し,現在に至っています。

センターの活動状況について,センター設置と時を同じくして,新型コロナウイルス感染症が拡大し始めたため,3月に予定していた 「明治大学レインボーサポートセンター開設記念対談−多様な性に配慮した教育研究のあり方」の開催が危ぶまれましたが,関係部署の皆様にご理解をいただき,無観客での実施とはなりましたが,無事にセンターとしてのスタートを切ることができました。一方,4月から本格稼働させるための準備については,思うように進まない期間が長く続き,当初の予定から大幅に遅れてしまいました。しかし,関係の皆様のご尽力により,ホームページ,相談・助言体制,学内関係部署との連携体制等が整備されつつあります。今後は,ポストコロナ時代の社会の変化に対応するための体制等についても検討を進めてまいります。

多様な性に配慮した教育研究環境の整備等について,様々な視座,視点,価値観があることと思いますが,人権と平和を探求する大学として,「少数派も多数派もあるのが当たり前の社会(キャンパス)」の実現に向けて,明治大学らしい取り組みを進めたいと考えています。皆様のご理解とご協力を賜りますよう,よろしくお願い申し上げます。

2020年9月

レインボーサポートセンター
センター長 浜本 牧子
副学長(学務担当)・学生部長