Go Forward

海外から帰国した場合について

2020年3月24日
 
学生・教職員の皆さんへ
明治大学

海外から帰国した場合について


 このことについて,海外から帰国した場合で,特に,外務省の定める 感染症危険レベル2以上の国※(以下「流行地域」という。)から帰国した学生・教職員については,以下のとおり対応をお願いします。なお,流行地域から帰国した場合,到着空港において検疫が実施されておりますので,担当官の指示に従い,対応してください。
※外務省HP参照

1 流行地域から帰国した学生・教職員
   ※別紙1参照
(1)帰国日から2週間以内に発熱(37.5度以上)かつせき等の呼吸器症状がある場合
①他人との接触を避け,マスクを着用し,本人または保護者から最寄りの「帰国者・接触者相談センター」(※)へ電話相談のうえ,同センターから紹介された医療機関を速やかに受診してください。
②感染の有無にかかわらず,医療機関による診断結果を,各自の所属する学部等事務室(連絡先下記参照)へ電話で連絡してください。

(2)帰国日から2週間以内に発熱(37.5度以上)かつせき等の呼吸器症状が無い場合
①帰国後2週間は,自宅等に待機してください。学生は保護者と連絡を密にとるようにしてください。
②自宅待機を開始する前に各自の所属する学部等事務室(連絡先下記参照)へ電話で連絡してください。
③症状が出た場合は,上記1(1)のとおり対応してください。

2 流行地域以外の国・地域から帰国した学生・教職員
   ※別紙2参照
(1)帰国日から2週間以内に発熱(37.5度以上)かつせき等の呼吸器症状がある場合
①他人との接触を避け,マスクを着用し,最寄りの医療機関を速やかに受診してください。
②感染の有無にかかわらず,医療機関による診断結果を,各自の所属する学部等事務室(連絡先下記参照)へ電話で連絡してください。

(2)帰国日から2週間以内に発熱(37.5度以上)かつせき等の呼吸器症状が無い場合
①帰国後2週間は,体温を朝晩2回計り,自らの健康状態を確認してください。学生は保護者と連絡を密にとるようにしてください。
②帰国後2週間は,極力外出は控えてください。
③症状が出た場合は,上記2(1)のとおり対応してください。


(連絡先)
帰国者・接触者相談センター(厚生労働省ホームページ)
本学の部署別連絡先一覧
窓口取扱時間(春季休業期間2/4~3/31の事務取扱いについて)

(参考情報)
厚生労働省ホームページ(新型コロナウイルス感染症について)
文部科学省ホームページ(新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について)
以 上