Go Forward

明治大学ボランティアセンター

【和泉ボランティアセンター】「復興の道を歩んできた私たちがコロナ禍の大学生に伝えたいこと」6/4・オンライン

開催期間:2021年06月04日
明治大学 和泉ボランティアセンター

震災後に参加したボランティア活動をきっかけに、現地との交流を続け「南三陸ミシン工房」を立ち上げた熊谷さんをお招きし、オンラインでお話を伺います。
東日本大震災から10年。ミシンと、被災した町の方たちとどのように生きてきたのか。その歩みを振り返りつつ、コロナ禍の困難な状況をいかに生きるか、大学生へのメッセージも伝えていただきます。
 震災当時や復興支援活動に興味のある方はもちろん、これから何かしたいと思っている方や何をしようか迷っている方、コロナ禍のこれからに不安を感じている方など、ぜひヒントを見つけにきてください。


【日時】 日(金) 12:40〜14:10
【方法】 オンライン(Zoom) *ID等は申込者へ前日までに連絡します。
【申込】Oh−o!Meijiアンケート にて
【内容(予定)】
 12:40〜熊谷さんのお話(取り組みの紹介、活動経験を踏まえた学生へのメッセージなど)
 13:30〜質疑応答・意見交換など(*3限のある方は途中退室できます)

☆熊谷安利さんプロフィール
NPO法人 南三陸ミシン工房 代表理事
2011年秋、「ミシンでお仕事プロジェクト」参加。 家庭用ミシンの無償提供と、縫製指導や販売サポートを通して、被災した 方々の心のケア、経済的支援を行う。 2013年にNPO法人南三陸ミシン工房を設立。カーテンショップ勤務時代 の経験を活かしながら活動を展開し、千葉県・東京都の中学校へ同工房の 教材を用いた家庭科実習と講演を毎年行い、被災地の歩んできた道のりや 現状と災害大国日本に生きる心構えを伝える。 また、企業のノベルティ製作など活動範囲を広げ、現在は各イベントでの 製品販売、クラウドファンディングでの被災地支援など「人」・「ミシン 縫製の技術」をキーワードに、今自分にできることを模索し、歩き続ける。


☆南三陸ミシン工房について
団体ウェブサイト  http://www.mishinkoubou.org/


お問い合わせ先

【主催・問合せ】和泉ボランティアセンター

メール:mvcizumi#meiji.ac.jp (#を@に置き換えてください)
Twitter@MeijiUnivIVC