理工学部

理工学部

在学生向け

関連情報

機械工学科

黒田 洋司 教授

黒田 洋司 教授

黒田 洋司 教授
 
ロボット工学研究室

月や惑星表面を自律探査するローバや、海を自律航行するような移動ロボットを賢く動かすにはどうすれば良いか研究しています。そのためにロボットのメカニズム、センサ、電子回路、さらに通信・制御ソフトウェアも独自に製作しています。数学・物理・英語と物作りが好きな学生に是非来て欲しいですね。

榊原 潤 教授

榊原 潤 教授

榊原 潤 教授

流体工学研究室

流体力学に関連した分野に対して、画像処理やメカトロニクス、オプトロニクスを応用した計測・制御手法を中心に種々の現象解明や機器開発を目的とした研究を行っています。

椎葉 太一 教授

椎葉 太一 教授

椎葉 太一 教授

ビークルダイナミクス研究室

自動車などの車両を対象とし、運動性能の解析や制御、評価に関する研究を行っています。人間にとってどのような機械が望ましい(使いやすい・快適である)のかという問題に対し、操縦安定性や乗り心地、ヒューマンファクタなどの観点から取り組んでいます。

下田 博一 教授

下田 博一 教授

トライボロジ研究室

ボールねじとサーボモータを組合せると、最もコストパフォーマンスに優れたリニアアクチュエータが得られます。当研究室では、ボールねじの寿命等を明らかにするための理論解析と実験的検証を行っています。また、CNC三次元測定機によるボールねじの精度評価法を開発し、玉荷重分布解析に応用しています。

中別府 修 教授

中別府 修 教授

ミクロ熱工学研究室

極小世界の温度計測や超高速分析、細胞の代謝熱計測等ナノテクを応用した新技術、微細構造を利用した熱制御技術を研究しています。

納冨 充雄 教授

納冨 充雄 教授

納冨 充雄 教授

材料強度研究室

材料強度学、破壊力学を基礎として、科学技術に関する最先端の研究を行っています。現在進行中の研究として、(1)免震積層ゴム材の機械的特性の評価、(2)形状記憶合金の変形挙動の解析、(3)ポリマーアロイの強度評価、等があります。研究成果は国内の学会だけでなく、海外の学会でも発表しています。

宮城 善一 教授

宮城 善一 教授

計測情報研究室

工業分野における様々な課題に対して、「何を」、「なぜ」、「どのようにして」、計測するのかについて考えています。例えば製品を作るときの計測の不確かさを推定する方法、接着・粘着剤などを使用した工業材料の働きを計測する方法、感覚特性を考慮した機器の要素設計方法などを研究しています。

小林 健一 准教授

小林 健一 准教授

小林 健一 准教授

環境熱学研究室

私達のまわりで起こっている温度差に起因するエネルギーの輸送現象、たとえば、雲や竜巻の発生などの気象現象の解明や、電子機器の発する熱の有効利用法の開発などに、レーザを利用した計測技術とシミュレーション技術を駆使してチャレンジしています。

松尾 卓摩 准教授

松尾 卓摩 専任講師

材料力学研究室

電池などの小型機器から石油貯蔵タンクなどの大型構造物まで,様々な機械・構造物用材料の健全性診断技術を研究しています。

村田 良美 准教授

村田 良美 准教授

塑性加工研究室

鉄鋼、自動車、電機などの製造産業で、金属製品の生産に幅広く使用されている塑性加工技術について、新しい加工プロセスの開発、加工プロセスを正確に把握するための計測技術の開発、各種数値計算手法を用いたコンピュータシミュレーション技術の開発などの研究をおこなっています。

石田 祥子 専任講師

石田 祥子 専任講師

機能デザイン研究室

折紙の数理をもとに、展開構造の設計を行っています。数値シミュレーションや計測を駆使して、構造のもつ新しい機能や特性を明らかにし、自動車部品などへの工学応用を目指します。

加藤 恵輔 専任講師

加藤 恵輔 専任講師

機械制御システム研究室

センサ・サーボシステムなどの要素技術や新しいメカニズム、さらにこれら各要素の特性を生かしたロボットやユーザインターフェースの研究をしています。

齋藤 彰 専任講師



機械ダイナミクス研究室

機械構造物の振動を抑えたり、逆に有効活用する事を目的として、新たな機械システムや計測法の創出を行うとともに、数値シミュレーションや実験モード解析手法の開発を行っています。

澤野 宏 専任講師

澤野 宏 専任講師

機械加工研究室

機械加工によるナノ形状の実現を目的として、精密加工システムやその構成要素、加工計測の研究を行っている他、ナノ形状を計測するための形状計測に関する研究を行っています。

中 吉嗣 専任講師

中 吉嗣 専任講師

流体力学研究室

流れの計測と数値シミュレーション技術を応用し、乱流現象の解明・制御に関する研究を行っています。翼周り流れ、流体構造連成問題等について、工学的に有用な新技術の開発を目指しています。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.