Go Forward

新型コロナウイルス感染症に関する感染予防の徹底について(重要)

2020年8月5日


学生,教職員の皆さま

明 治 大 学

新型コロナウイルス感染症に関する感染予防の徹底について(重要)

 本学ではこれまで新型コロナウイルス感染症に対して,さまざまな対策を講じてきましたが,既にお知らせのとおり,本学の学生1名が検査の結果,陽性と判定されました。また,当該学生は学内に入構していたため,学内の立ち寄り先および接触者を特定し,当該施設の閉鎖を実施するとともに,当該感染者との濃厚接触者には自宅待機を要請しております。
 改めてのお願いとなりますが,秋学期の対面授業実施を実現するためにも,下記注意事項を遵守いただき,皆さまには「感染しない。感染させない。」という原則に基づいて,社会的に責任ある行動をとるようお願いいたします。


1 新型コロナウイルス感染症についての入構の可否
  入構の可否についての基準を作成しました。大学へ入構する場合は,以下のページを確認のうえ,入構するようお願いいたします。
 「新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のための入構可否基準」
  (https://www.meiji.ac.jp/koho/natural-disaster/6t5h7p000034mwof.html)

2 感染の予防と自身の健康管理
  下記の事項を確認し,感染予防に努めてください。
(1)「厚生労働省:『新しい生活様式』の実践例」 (https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000641743.pdf)を参考に,
   これまで以上に感染予防に努めてください。
(2)外出先からの帰宅時,食事前などこまめに手洗い,うがいを徹底してください。
   咳やくしゃみをするときは,咳エチケット(マスクやティッシュ,ハンカチ,袖を使って口や鼻を押さえる)を行ってください。
   あわせて,できるだけ人混みを避けるなど,各自で感染拡大の防止を図ってください。
(3)免疫力を高めるため,十分な睡眠,バランスのとれた食事と適度な運動を心掛けてください。
(4)発熱等の風邪の症状が見られるときには,無理をせず自宅で休養を取ってください。
(5)新型コロナウイルス感染症が疑われる症状が続く場合,医療機関等に速やかに相談してください。
(6)学生,教職員が集まって会食すること,特に飲み会は,引き続き自粛してください。

3 研究室・実験室の利用に当たっての注意事項
(1)学生は研究室・実験室の利用は必要最低限に留め,体調が悪い時には無理に登校することのないよう,留意してください。
(2)教員は学生が登校せざるを得ない状況を作らないよう,留意してください。

4 感染防止について問題が認められる場合の対応
  研究室・実験室の利用に際して,感染防止の対応等問題が認められる場合には,所属の事務室に連絡してください。
以 上