Go Forward

研究・知財戦略機構

明治大学国際武器移転史研究所研究叢書3:竹内真人編『ブリティッシュ・ワールド —帝国紐帯の諸相—』(日本経済評論社)が刊行されました

2019年02月28日
明治大学 研究・知財戦略機構

2015年に設立された明治大学国際武器移転史研究所は、軍縮・軍備管理に関する総合的歴史研究と「現代」の政策論議とを接合させ、従来の閉ざされた研究組織では達成されなかった学際的・国際的研究を通じて、近現代の軍縮・軍備管理という世界的課題に取り組むことを目的としています。

このたび、本研究所の研究叢書3として、竹内真人編『ブリティッシュ・ワールド —帝国紐帯の諸相—』(日本経済評論社)が刊行されました。

本書の課題は、18世紀から1970年代にかけて、イギリスが自国の勢力圏としての「ブリティッシュ・ワールド」をいかに構築し、それが現代のコモンウェルスにどのように変容してきたのかを、イギリスと植民地間の紐帯に注目しながら解明することにあります。

本書でいう紐帯とは、ブリティッシュ・ワールド内での共通性を創出する広義の権力作用であり、ブリティッシュ・ワールドを支える共通の三つの要素です。具体的には、①「ブリティッシュネス」 という感情的紐帯、②貿易・金融・生産構造に関連する経済的紐帯、③武器移転や軍事援助による軍事的紐帯です。

本書は、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカというドミニオン諸国(「狭義」のブリティッシュ・ワールド)だけでなく、アイルランドやインドを含む「最広義」のブリティッシュ・ワールドも分析し、それぞれの紐帯がいかに歴史的に変化しながらブリティッシュ・ワールドを構築し、そして解体させたのかを考察しています。

『ブリティッシュ・ワールド —帝国紐帯の諸相—』概要と目次は こちら
明治大学 国際武器移転史研究所 ホームページは こちら