重要なお知らせ

Go Forward

研究・知財戦略機構

【国際労働研究所】5月28日(土)オンライン講演会開催のお知らせ(公開・申込制[定員200名])

開催期間:2022年05月28日
明治大学 研究・知財戦略機構

  明治大学国際労働研究所は、 2022 年度最初の公開イベントとして、「クーデター後のミャンマー労働運動」と題する講演会を 5 28 日(土)に開催します。講師はビルマと日本の両方で民主化運動を担ってこられたティンウィン氏  ( 在日ビルマ市民労働組合 FWUBC ・初代会長 / 岐阜女子大学南アジア研究センター・特別研究員 ) です。

 20212月のミャンマー国軍によるクーデターから1年が経ちました。この民主政権破壊に対して非暴力不服従抵抗運動を展開している市民に対して国軍は残虐な弾圧と情報管理を行っています。労働組合も非合法化され、ナショナルセンターCTUM事務所も国軍により破壊・略奪されています。

ティンウィン氏は昨年6月に日本に戻ってこられており、クーデター後の現地の詳しい状況を聴けることを期待しています。また、日本の労働組合やNGO団体のミャンマーでの取り組みをコメンテーターからお聴きして、日本の市民・労働者として何ができるか考えるきっかけとしたく、聴講をご希望の方は、以下のウェブサイトよりお申し込みください。

 

▢ 日時  2022528日 () 午後3時から5時半

▢ プログラム

 1        主催者挨拶   中嶋 滋  (明治大学国際労働研究所客員研究員・ミャンマー労働組合総連合CTUM顧問)

 2  講演
  〇 テーマ「クーデター後のミャンマー労働運動」

  〇 講師 ティンウィン氏(在日ビルマ市民労働組合FWUBC・初代会長岐阜女子大学南アジア研究センター・特別研究員)

  〇 講演要旨

    ▼     クーデター後の政治情勢

    ▼     労働者の暮らしの状況

    ▼     労働運動の状況

    ▼     日系企業の動向

    ▼     日本の労働者への訴え

 3  コメント

   ・ミンスイ氏  (在日ビルマ市民労働組合FWUBC・会長)

   ・窪田 摂子氏  (ミャンマー労働運動支援連絡会・自治労企画局国際担当)

   ・寺澤  環 氏  (ミャンマー労働運動支援連絡会・日教組国際局)

   ・成島 道官氏 (アジア社会文化交流センター・代表)

 4  閉会挨拶  石井 知章 (明治大学国際労働研究所代表)

 使用言語  ビルマ語(*逐次通訳あり)

▢ 開催形式  ZOOMミーティング

▢ 参加費   無料

▢ 申し込み  2022年51日より 先着200人まで

        明治大学国際労働研究所ウェブサイトから

        https://www.isc.meiji.ac.jp/~itls/

お問い合わせ先

明治大学国際労働研究所

電話 03-3296-1862 (*水曜日午後のみ )
https://www.isc.meiji.ac.jp/~itls/