Go Forward

「駿台史学」総目次(第1号~第10号)

「駿台史学」総目次(第1号~第10号)

第1号(1951年3月)
  渡 邊 世 祐 駿臺史學發刊に當りて 1
論 説 渡 邊 世 祐 史學について 2-5
  米 田 稔 ダントンの沒落 6-26
  森 末 義 彰 伎樂史補遺 27-46
  宗 京 奬 三 幕末開港への一過程 47-59
  神 田 信 夫 三藩の亂と朝鮮 60-75
  渡 邊 操 日本農業集落における耕地の問題 76-120
  木 村 礎 幕末明治期における一富農の研究 121-140
報 告 杉 原 莊 介 對馬の考古學的調査 141-156
  大 塚 初 重 創立七十周年記念明大祭展覧會 26
  木 村 礎 井伊大老史實研究所について 46
  大 塚 初 重 夏嶋貝塚の發掘 59
第2号(1952年3月)
論 説 渡 邊 世 祐 信濃宮傳及び浪合記について 1-12
  後 藤 守 一 古墳の發生 13-42
  三 橋 冨治男 イェニ・チェリ・オジャウに關する一考察 43-58
  中 野 尊 正 日本の海岸低地形に關する若干の問題 59-72
第3号(1953年3月)
論 説 青 山 公 亮 帆船時代に於ける日鮮関係の基本的性格 1-4
  大類  伸 ロレンツエッティの壁画「良き政治」の文化史的意義について 5-17
  渡 邊 保 司法制度からみた鎌倉幕府の一面 18-27
  岡 山 俊 雄 日本の地形構造—地形誌の出発点として— 28-38
  大 塚 初 重 武藏・瀬戸岡における奈良時代墳墓 39-57
  岡 本 勇 相模・平坂貝塚 58-76
  鈴 木 尚 平坂人の骨骼 77-78
  芹 沢 長 介 前繩文文化調査の近況 78
第4号(1954年3月)
論 説 米 田 稔 トインビーの歴史哲学—特に所謂「プロレタリア」について— 1-25
  藤 懸 静 也 史学文学の資料としての浮世絵と絵卷物 29-37
  臼 井 信 義 足利義持の初政と斯波義將 38-45
  島 田 正 郎 遼金の長城 46-64
  芹 沢 長 介 関東及中部地方に於ける無土器文化の終末と繩文文化の発生とに関する予察 65-106
  小笠原 義 勝 日本の都市地域—文化地域の指標として— 107-130
書 評 島 田 正 郎 田村実造・小林行雄著『慶陵』(京都大學文學部,1952-1953) 131-138
  中 込 祐 次 宮下孝吉著『ヨーロッパにおける都市の成立』(創文社,1953) 139-145
  小 林 基 夫 経済地理研究会について 37
  杉 原 荘 介 武井石器時代遺跡の予備調査 106
第5号(1955年3月)
論 説 渡 辺 操 農業地域論の理念と方法論の発達 1-17
  神 田 信 夫 三藩の富強の一側面—平南藩を中心として— 18-30
  福 田 榮次郎 和泉国大鳥荘と地頭田代氏について—畿内村落と領主制の発展— 31-56
  杉原荘介
大塚初重
常総台地における関東ローム層中の石器文化—市川市丸山遺跡について— 57-72
資 料
紹 介
杉 本 敏 夫 検地控除に関する二・三の問題—武州多摩郡榎戸新田の一例— 73-83
  中山淳子
松島透
後藤守一
群馬県北山古墳 84-86
  芹 沢 長 介 千曲川上流地方の無土器文化遺跡群 72
  杉 原 荘 介 壹岐の考古学的調査 86
第6号(1956年3月)
論 説 小 室 栄 一 イギリス封建城郭雑考 1-21
  青 山 公 亮 譽粛公崔せきの事蹟—鐵原崔氏のこと— 22-27
  松 田 孝 「工業地理学」の一考察 28-37
  大 塚 初 重 前方後方墳の成立とその性格 38-65
  宗 京 奨 三 相州津久井縣の土平治騒動について 66-76
  高島 緑雄 「大小切租法」起源の再検討 77-96
資 料
紹 介
李 進 熙 黄海南道発見の高句麗壁画古墳 97-101
書 評 糸 曾 義 夫 Ashley, M.P., Financial and Commercial Policy under the Cromwellian Protectorate, London : Oxford University Press,1934. 184pp. 102-108
  林 茂 生 羅爾綱著『太平天国史論文集』(北京三聯書店,1955) 109-114
  木 村 礎 神奈川県津久井郡古文書調査 76
  杉 原 荘 介 スイス湖上住居の遺物 119
  内 田 實 小平町誌編纂の概況紹介 131
第7号(1956年12月)文学部創設二十五周年記念号
論 説 中 村 孝 也 松平族の成長 1-23
  青 山 公 亮 高麗朝の事大関係についての一考察 24-28
  大 類 伸 中世ローマのモザイク美術について—中世文化とローマ的伝統— 29-44
  後 藤 守 一 弥生時代の倉庫 45-74
  岡 山 俊 雄 柳ガ瀬断層と敦賀湾伊勢湾線 75-101
  芹 澤 長 介 神奈川県大丸遺跡の研究 102-146
回 顧 藤 沢 衛 彦 文科・文学部五十年の思い出 147-151
  神 尾 庄 治 史学科時代 152-156
  宗 京 奨 三 地理歴史科時代 156-160
資 料
紹 介
神 崎 彰 利 天領における貫文記載の史料について 161-172
書 評 渡 辺 保 史学と文学との調和—唐木順三氏『中世の文学』を読んで—(筑摩書房,1956) 173-178
  大 塚 初 重 京都・深草遺跡の調査 74
第8号(1958年3月)
論 説 糸 曾 義 夫 ピュリタン革命における保守主義 8-35
  福 田 榮次郎 毛利家舊蔵本吾妻鏡について—吾妻鏡諸写本についての一考察— 36-52
  河 野 浅 子 漢鏡の銘文について 53-65
  戸 沢 充 則 長野県八島遺跡における石器群の研究—古い様相をもつポイントのインダストリー— 66-97
  内 田 実 台地の開発と土地利用—下総八街町の歴史地理的考察— 98-129
研 究
ノート
木 村 礎 江戸時代における「封建的危機」について 130-149
動 向 藤 井 素 介 戦後における災害論の展開—災害研究の動向と展望— 150-160
資 料
紹 介
神 田 信 夫 『明清史料』の続刊 161-166
第9号(1959年3月)
論 説 周 藤 吉 之 宋朝国史の編纂と国史列伝—「宋史」との関聯に於いて— 1-33
  遠 藤 元 男 部とその周辺の諸問題 34-59
  杉 勇 楔形文字の「字音表」と「語彙」 60-71
  松 田 孝 『在来工業』の立地について 72-83
  杉原荘介
吉田格
芹沢長介
東京都茂呂における関東ローム層中の石器文化 84-104
研 究
ノート、
動向
山 口 桂三郎 雪舟 105-117
  徐 台 洙 1957年—58年の朝鮮民主々義人民共和国における歴史学会の動向 118-122
資 料
紹 介
大塚初重
坂本明美
埼玉県白鍬遺跡の須恵器 123-126
  麻 生 優 佐倉市上座貝塚の住居址と炉穴 127-131
  杉 原 荘 介 滞欧日記 144-149
第10号(1960年3月)第十号記念特輯号
  青山公亮
遠藤元男
杉原荘介
邪馬台国論 1-122
  神 田 信 夫 古鈔本翰苑について 123
  神 田 信 夫 紹興版三国史について 124
  青山公亮
青山治郎
校訂 三国史・魏書巻三○東夷伝・倭人 143-145
  青山公亮
青山治郎
訳文 魏史倭人伝 146-149
  大塚初重
小林三郎
三国鏡出土古墳一覧表 150-155
  高 島 緑 雄 邪馬台国研究文献目録 156-167
論 説 高 橋 幸八郎 フランス革命と明治維新—G.ルフェーヴル教授追悼のために— 168-180
  林 正 和 間島問題に関する日清交渉の経緯 181-199
  志 田 諄 一 古代における北陸について—7・8世紀を中心として— 200-221
動 向 中 村 嘉 男 最近の中国における鉄器の発見とその研究 222-228
資 料
紹 介
李 進 煕 黄海北道智塔里遺跡の発掘 229-237
紀 行 渡 辺 操 欧米農村瞥見記 238-243
  杉 原 荘 介 埃及紀行 255-258
文学部