「駿台史学」総目次(第111号〜第120号)

「駿台史学」総目次(第111号〜第120号)

第111号(2001年2月)特集 アジア史における教育と官僚制
  高 田 幸 男 巻頭言 ⅰ-ⅱ
論 説 松 崎 つね子 中国文明の継承性に果した文字の役割—官僚制と関連して— 1-16
  氣賀澤 保 規 隋仁寿元年(601)の学校削減と舎利供養 17-35
  高 田 幸 男 清末江蘇における地方自治の構築と教育会—江蘇教育総会による地域エリートの「改造」— 37-62
  永 田 雄 三 オスマン帝国における近代教育の導入:文官養成校(ミュルキエ)の教師と学生たちの動向を中心に 63-90
資 料
紹 介
古 賀 正 則 インドのNGOの現状と課題—補論— 91-104
第112号(2001年3月)
論 説 上 田 岳 彦
鈴 木 直 美
尹湾簡牘「博局占」の方陣構造—博局紋の系譜解明の一助として— 1-21
  飯 塚 靖 1930年代河北省における棉作改良事業と合作社 23-51
  林 義 勝 スペイン・アメリカ・キューバ・フィリピン戦争—海外植民地領有のレトリックと統治の実態— 53-90
研 究
ノート
海 野 福 寿 韓国併合条約等旧条約無効=日本の「不法な」植民地支配論をめぐって 91-107
  長 岡 顯
清 水 孝 治
宮 田 雄 介
山 田 秀 隆
地域農業複合化と自治体農政—岩手県藤沢町の事例— 109-140
文 献
紹 介
福 士 純 平田雅博編『イギリス帝国と世界システム』(晃洋書房,2000年3月,275頁,3300円) 141-143
フィールド・
ノート
佐々木 憲 一 第10回百済研究国際学術会議「東アジアの国家形成」参加記 144-145
第113号(2001年7月)
論 説 江 川 式 部 唐朝祭祀における玄酒と明水—『大唐開元礼』の記載とその背景— 1-25
  藤 岡 寛 己 フィウーメ占領期にみる革命的サンディカリズム—A・デアンブリスとカルナーロ憲章— 27-55
  石 川 日出志 関東地方弥生時代中期中葉の社会変動 57-93
  鎌 倉 佐 保 近江国柏原庄の成立過程—十一世紀における私領形成の特質について— (1)-(15)
研 究
ノート
高 田 馨 里 「無償の安全保障」の喪失と新しい空の秩序の追求—第二次大戦期のアメリカ外交政策に関する一考察— 95-110
  関 口 千 穂
叶 内 敦 子
杉 原 重 夫
伊豆諸島御蔵島,鈴原湿原における花粉分析 111-122
書 評 小川原 宏 幸 海野福寿著『韓国併合史の研究』(岩波書店,2000年11月,411+30ページ,7400円) 123-128
文 献
紹 介
秋 山 ゆり子 小関隆/編『世紀転換期イギリスの人びと—アソシエイションとシティズンシップ—』 129-130
第114号(2002年2月)西洋史特集 「移動する人々」
  林 義 勝 巻頭言 ⅰ-ⅱ
論 説 古 山 夕 城 タソスのアンフォラ・スタンプとブドウ酒取引—Y.Garlanの近業を参考にして— 1-31
  富 田 矩 正 「移動する人々」と異文化圏の交錯—中世中期ヨーロッパ北部にみる— 33-49
  國 府 久 郎 マルセイユにおける移住現象(1806-1911年)—国内移住から「移民」の時代へ— 51-82
  小 暮 実 徳 国家的名声と実益—幕末期のオランダ対日外交政策への一視点— 83-122
書 評 児 玉 智 子 木下賢一著『第二帝政とパリ民衆の世界「進歩」と「伝統」のはざまで』 123-129
  林 義 勝 細谷千博監修,A50日米戦後史編集委員会編『日本とアメリカ—パートナーシップの50年』を読んで 131-138
第115号(2002年3月)
論 説 斎 藤 絅 子 エノー伯領における自由と領主権力—ソワニーの慣習法文書の場合— 1-25
  山 科 哲 荒屋型彫器の刃部再生 27-56
  松 橋 公 治 米沢市における電機・電子工業をめぐる社会的環境ネットワーク—業界ぐるみの地域的「学習」組織の展開— 57-96
  村 上 弘 子 『高野山往生伝』撰者如寂について—その信仰と撰述意識を中心に— (1)-(24)
研 究
ノート
佐々木 憲 一
古 屋 紀 之
茨城県新治郡玉里村雷電山古墳・舟塚古墳周辺測量調査報告 97-114
学 界
動 向
永 田 雄 三 ギリシアにおける『トルコ時代』史研究の一端 115-123
書 評 高 島 緑 雄
齋 藤 慎 一
白 井 哲 哉
原田信男著『中世村落の景観と生活—関東平野東部を中心として—』 125-134
資 料
紹 介
宋 家 鈺 (訳)徐 建 新 明抄本北宋天聖「田令」とそれに附された唐開元「田令」の再校録 (25)-(39)
第116号(2002年8月)
論 説 齊 藤 智 美 『江戸名所図会』の実地調査—『郊遊漫録』を手がかりに— 1-25
  阪 東 宏 十五年戦争(1931-1945)における日本政府・軍のユダヤ人政策 27-77
  伝 田 郁 夫 霞ヶ浦高浜入り周辺の埴輪生産の展開とその特質 79-105
  中 村 友 一 『新撰姓氏録』における「氏」と同祖同族関係 (1)-(24)
研 究
ノート
菊 池 大 孫呉政権の対外政策について—東アジア地域を中心に— 107-128
  木 下 賢 一 19世紀のパリ民衆の世界について—児玉智子氏の御批判によせて— 129-134
第117号(2003年2月)50周年大会特集号
  石 川 日出志 巻頭言:駿台史学会50周年特集号について ⅰ-ⅱ
  駿台史学会五十周年記念講演会
  木 村 礎 駿台史学会事始め 5-10
  神 田 信 夫 駿台史学会設立五十周年に当って 12-16
  阪 東 宏 駿台史学会へのお礼の言葉 18-20
  大 塚 初 重 駿台史学会の過去・現在・未来—考古学専攻の創設と駿台史学会— 21-27
  石 井 素 介 駿台史学会への期待—地理学の立場から—(2001年11月17日) 28-34
  シンポジウム:村落史研究—歴史の基層—
  木 村 礎 村落史研究シンポジウム開催にあたって 37-45
  原 田 信 男 日本中世村落の景観と生活の研究史をめぐって 47-53
  橋 本 直 子 近世絵図と地域景観—葛西用水絵図を事例に— 55-64
  寺 内 威太郎 朝鮮における村落研究(再録) 65
  内 山 雅 生 『中国農村慣行調査』と再調査から見た中国華北農村社会 67-75
  古 賀 正 則 インドの村落と村落研究 77-85
  永 田 雄 三 トルコの村落—ヤタガン村の事例から— 87-97
  シンポジウム:出土文字資料研究の現在
  吉 村 武 彦 墨書土器研究の現在—データベース化された墨書土器— 101-130
  松 村 恵 司 墨書土器の出現と展開—飛鳥・藤原地域を中心に— 131-139
  清 水 み き 律令官衙と墨書土器(再録)—平城・長岡京から地方へ— 141-142
  荒 井 秀 規 東国墨書土器研究の新視点 143-151
  山 路 直 充
宮 瀧 交 二
コメント:シンポジウム出土文字資料研究の現状 153-156
  シンポジウム:黒耀石と人類史
  杉 原 重 夫 日本における黒耀石の産出状況—黒耀石原産地調査— 159-174
  安 蒜 政 雄 黒耀石と考古学—黒耀石考古学の成り立ち— 175-183
  大 竹 幸 恵 黒耀石原産地遺跡群の保存と活用—長門町鷹山遺跡群の取り組み— 185-188
  50周年特集:パネルディスカッション「黒耀石と人類史」
189-204
第118号(2003年3月)
論 説 山 内 哲 生・岸 真 一・鳥 居 もえぎ・高 島 緑 雄 中世村落の枝村と水田開発—下総国香取郡多田村— 1-37
  石 黒 ひさ子 「伍子胥」の意味するもの 39-58
  鈴 木 尚 史 槍先形尖頭器の出現と変遷—相模野台地を中心に— 59-82
  竹 花 和 晴 ソリュートレ文化研究の今日的な位相 83-104
  飯 嶋 曜 子 EUの地域政策と地方行政の変化 105-128
研 究
ノート
佐 藤 清 隆 他民族都市レスターの形成と発展—南アジア系移民を中心に— 129-169
書 評 林 義 勝 阪東宏著『日本のユダヤ人政策 1931-1945—外交史料館文書「ユダヤ人問題」から』(未来社,2002年,413頁,付録1-16を含む(定価4800円)) 171-174
第119号(2003年8月)
論 説 梶 山 智 史 大趙神平二年「王真保墓誌」について—十六国北朝時期における「匈奴」の一側面— 1-32
  三野村 京 子 イギリス初等学校の歴史教育—導入時期の歴史読本分析を中心に— 33-63
  小 暮 実 徳 オランダ対日積極外交政策の終焉—日米修好通商条約前後の日蘭関係— 65-95
  品 川 欣 也 器種と文様、そして機能の相関関係にみる大洞A式土器の変遷過程 97-134
  門 前 博 之 近世村落の形成—下総国猿島郡沓掛村における集落の動態を中心に— (1)-(28)
文 献
紹 介
佐 藤 清 隆 遠山茂樹著『森と庭園の英国史』 135-136
第120号(2004年2月)特集 弥生・古墳時代の集団・地域間関係をさぐる
  石 川 日出志 巻頭言:特集「弥生・古墳時代の集団・地域間関係をさぐる」にあたって ⅰ-ⅱ
論 説 馬 場 伸一郎 弥生時代長野盆地における榎田型磨製石斧の生産と流通 1-46
  石 川 日出志 弥生後期天王山式土器成立期における地域間関係 47-66
  北 島 大 輔 組帯文の展開と地域間交流—古墳出現期の伊勢湾地方を中心に— 67-106
  古 屋 紀 之 北陸における古墳出現前後の墳墓の変遷—東西墳墓の土器配置系譜整理の一環として— 107-135
  佐 藤 祐 樹 茨城県霞ヶ浦北岸における後期古墳の測量調査 137-176

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.