ドイツ語

文学部の語学教育

ドイツ語

「どうしてドイツ語を学ぶの?」
ドイツ語は、主としてドイツ、スイス、オーストリアで使用されている言語です。これらは地理的にも政治・経済的にもヨーロッパの要となる国々ですから、当然ドイツ語も大きな役割を果たしています。また、私達もその一部である近現代の科学・文化・思想・芸術の発展を大きく左右してきたのもドイツです。ドイツ語は、コミュニケーションの言語としても、書物の言語としても、大いに皆さんの力となるはずです。
「どうしたらドイツ語ができるようになる?」
ドイツ語漬け。私達が日本語を身につけてきた過程を思い出してもらえば、これこそ最も確実な勉強法ですが、現実にはまず無理。そこで最もイージーで確実な方法が、文法習得なのです。日本語や英語と違って、ドイツ語は文法さえ身につければ、ある程度までは何とかできる言語です。その基礎ができてしまえば、後は各自の興味を持続できるかどうか。そのために2年次はメニュー選択方式になっています。ウィーン大学の夏期講習やイェーナ大学への一年間の協定校留学も可能です。
「明治大学文学部のドイツ語教育とは?」
文学部は、コミュニケーションのドイツ語もテキスト読解のドイツ語も、どちらも大切だと考えています。しかし、個人の興味に従ってメニューを用意することも忘れていません。できるだけ皆さんの興味が刺激できるように、多彩な選択肢を用意してあります。必修は1年の文法と読本だけで、2年はメニューからの選択。もっとやりたい人のための授業も用意してあります。
それから!文学部は、ウィーン大学やイェーナ大学と密接な交流があるので、ドイツ語が世界へと飛び立つ契機にもなります。是非、挑戦してみてください。 
教科書と辞書・参考書
初回の授業で担当の先生から指示があります。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.