スペイン語

文学部の語学教育

スペイン語

「どうしてスペイン語を学ぶの?」
スペインと中南米諸国で話されているスペイン語は、国連の公用語として国際的に重要な地位を得ています。スペイン語圏は、セルバンテス、ガウディ、ピカソなどの世界的芸術家を多数輩出すると共に、ファッション、料理、音楽、ダンス、スポーツなどの文化が多彩で独創的です。スペイン語の学習を通じて、アジアや英語圏とは異なる新たな価値観が広がっていくことでしょう。
「どうしたらスペイン語ができるようになる?」
初めて習う外国語は、一日数分間でも声に出して読みながら少しずつ慣れていきましょう。スペイン語は発音が日本語に近いので接しやすい言語です。動詞の活用は、はじめ大変に思うかもしれませんが、毎週の講義で一歩一歩練習を積み重ねることで必ず習得できます。まずは、海外旅行、サッカー、フラメンコやサルサ、スペイン料理、スペイン語検定などの目標や趣味を持ちましょう!語学は後からついてきます。
「明治大学文学部のスペイン語教育とは?」
日本人・外国人の講師が担当する初級から中級程度までのクラスが設置されています。1・2年の二年間で日常会話や海外旅行などに役立つ語学力を総合的に学習します。1年次は、発音から始まり、基本語彙と動詞活用の初級文法を終了します。2年次では、1年次の復習をしながら、会話に役立つ語彙と表現を身に付け、聞き取りと作文、より難解なテキストを読みこなせる運用力を養います。スペイン語圏の文化理解にも努めます。
教科書
・「プラサ・マヨール」(Manuela Almarazほか著、朝日出版)
・「生き生きスペイン語」(福嶌教隆著、朝日出版)
・「スペイン語への架け橋」(中岡省治ほか著、白水社)
推薦する辞書・参考書
・「クラウン西和辞典」(原誠ほか編、三省堂)
・「クラウン和西辞典」(Carlos Rubioほか編、三省堂)
・「ポケットプログレッシブ 西和・和西辞典」(高垣敏博ほか編、小学館)
・「スペイン語の入門」(瓜谷良平著、白水社)

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.