理工学部

理工学部

在学生向け

関連情報

【理工学研究科】丹治寛樹君(石田義久研究室・電気工学専攻博士前期課程2年)が12th IEEE COLLOQUIUM ON SIGNAL PROCESSING & ITS APPLICATIONS 2016 においてBest Paper Awardを受賞しました

2016年03月07日
明治大学 理工学部事務室

受賞名:最優秀論文賞
学会名:12th IEEE COLLOQUIUM ON SIGNAL PROCESSING & ITS
APPLICATIONS 2016
開催地:マラッカ(マレーシア)
開催日:2016年3月4日~3月6日(発表日:3月5日)
発表題目:Nonparametric Bayesian models for AR and ARX identification
発表者:〇丹治寛樹、田中 諒、村上隆啓、石田義久
内容:ARモデルおよびARXモデルのパラメータを推定する方法について述べている。提案法によれば、システムの次数が未知であってもARモデルおよびARXモデルに対して、係数と次数を同時に推定することができる。

なお,丹治君は2013 International Workshop on Smart info-Media Systems in Asia(Sep. 30-Oct. 2, 2013)に続いて2度目のBest Paper Award受賞になります。また、電子情報通信学会英文論文誌とSpringer発行のSignal, image and video processingにそれぞれ論文が掲載されております。

この記事に関連するページ

「理工学部 ニュース一覧 2015年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.