理工学部

理工学部

在学生向け

関連情報

【理工学部】松久瑛洋君(機械情報工学科4年・計測工学研究室)が IWMPI 2016 Poster Awardを受賞しました

2016年03月24日
明治大学 理工学部事務室

受賞した松久瑛洋君(右端)受賞した松久瑛洋君(右端)

 理工学部機械情報工学科4年の松久瑛洋君(計測工学研究室・石原康利教授)が、University of Lübeck (Lübeck、Germany) で開催されたThe 6th International Workshop on Magnetic Particle Imaging IWMPI 2016(3月16日~18日)でPoster Awardを受賞しました。本賞は、論文抄録、ポスター発表に加え、1分間の口頭発表を5名の審査員が評価し、約100件の発表から上位3名に授与されたものです。
 表彰対象となった研究発表は「Magnetic signal detection method based on active vibration of magnetic nanoparticles」で、がんや循環器疾患をはじめとした疾病を画像診断できるシステムとして注目されている磁性ナノ粒子イメージング(magnetic particle imaging: MPI)において、生体に投与した磁性ナノ粒子を能動的に振動させて信号を検出する新たな方法を提案しています。特に、小型MPIシステムを試作し、提案方法の有用性を画像化実験に基づいて明らかにした点が高く評価されました。

この記事に関連するページ

「理工学部 ニュース一覧 2015年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.