Go Forward

ビジネスローコース

目指す将来の進路

  • 企業経営や経済活動に関する豊富な法的リテラシーを持つビジネスパーソンとして企業や団体で活躍する
  • 企業組織の内部統制システムの構築と実践に取り組み、また、企業の法務部門で契約を有利に進める戦略を練る
  • ソフト商品を扱う企業で知的財産権の管理と活用に携わること等によって、法的な観点から経営戦略を立案する
  • 海外での取引や海外子会社設立及び海外での事業活動の展開など、国際的なビジネス法務に携わる

ビジネスにかかわる法律を重点的に学ぶ

コース概要

「ビジネスローコース」は、将来ビジネスの世界で活躍したい学生を対象とするコースです。民間企業や公的企業、さらに、各種の団体の活動には、多くの法律がかかわっています。たとえば、自社で開発した技術を他社に無断で使用されないためには「知的財産法」、従業員の雇用には「労働法」の知識が不可欠です。企業や団体では、企業組織や事業活動に関する法律の知識をもつ人材が求められています。また、大規模な企業や団体には、法律問題に対応する「法務部」などの部署が設置され、ビジネスに関して、より専門的な法律の知識を有する人材も必要とされています。
 このコースでは、企業や団体で活躍したい人、企業内で専門的な法務担当者として活躍したい人、起業して自ら会社を立ち上げたい人、さらに、ビジネスロイヤー(企業弁護士)を目指す人などのために、ビジネスに欠かせない法を学びます。「憲法」「民法」「刑法」「商法」「民事訴訟法」「刑事訴訟法」の基本六法を修得するとともに、企業組織や事業活動を深く理解するために、「会社法」「知的財産法」「労働法」「経済法」などを学ぶことにも重点を置いているのが、このコースの特長です。また、「金融商品取引法」「銀行取引法」「環境法」などの実務的・先端的な法律科目も選択することができます。
 英語で法律を学ぶ科目も設置されていますので、国際的に活躍するビジネスロイヤーを目指し、海外のロースクールへの進学を希望する学生にも適したコースです。

コース設置科目

2018年度~2021年度入学者カリキュラム例
  1年次 2年次 3年次 4年次
法律必修科目 〇憲法(人権)
〇民法(総則)
〇刑法(総論)
〇憲法(統治)
〇民法(債権総論)
〇刑法(各論)
 
コース専門
法律科目
現代法入門、留学関係科目F、Legal Studies Abroad A~E、Japanese Law Study in English A 〇民法(契約)、〇民法(損害賠償)、商行為法(商取引法)、〇会社法II、 会社法III、手形・小切手法、保険・海商法、 民事訴訟法、経済刑法、労働法A、労働法B、経済法、知的財産法A、法律外書講読
  〇民法(物権)、〇民法(担保物権)、商法概論・総則、〇会社法I、法律英語
コース展開・
先端科目
Introduction to Modern Law
  民法(親族)、行政法A、国際法、ジェンダーと法
  Business Law in English、民法(相続)、租税法、環境法、不動産法、登記・供託法、銀行取引法、金融商品取引法、民事執行・保全法、倒産処理法、刑事訴訟法、国際経済法、国際取引法、国際民事訴訟法、消費者法、知的財産法B、法情報学
基礎法科目 日本近代法史 
  法社会学、法哲学、法文化論、法思想史(西洋)、法思想史(日本)、法史学(東洋)、法史学(西洋)、法史学(日本)
外国法科目   比較法学
  アメリカ法、イギリス法 、フランス法、ドイツ法、中国法、EU法
   〇=必修科目 無印=選択必修科目
2022年4月からカリキュラムが変わります。詳細は8月上旬に公開します。
(概要は下記「カリキュラムイメージ(2022年度入学者~)」をご覧下さい。)