Go Forward

令和5(2023)年度科研費新規応募関連書式

はじめに 令和5(2023)年度科学研究費助成事業への申請をお考えの方へ

【2022年8月5日更新】

令和5(2023)年度科学研究費助成事業(科研費)の公募スケジュールは例年と比較して前倒しされています。
あわせて、研究種目ごとに公募の開始時期が異なります。順次更新されますので、必ず最新の情報をご確認ください。
また、ここでは公募時期ごとに研究種目を次のとおり2つのグループに分類しています。グループごとに申請に係るスケジュールが異なりますので、自身が申請を希望する研究種目が含まれるグループの情報をご確認ください。
グループ 研究種目 公募時期
第1グループ  特別推進研究
 基盤研究(S)、(A)
 2022年7月1日(木) ~  2022年9月5日(月) 16時30分
第2グループ  基盤研究(B)、(C)
 挑戦的研究
 若手研究
 研究成果公開促進費
 奨励研究(注1)
 学術変革領域研究(A)(公募研究)
 新学術領域研究(終了研究領域)
 2022年8月1日(月) ~  2022年10月5日(水)16時30分
 注1:科研費応募資格を有する者は対象となりません。

Ⅰ 令和5(2023)年度科学研究費助成事業公募のお知らせ

【2022年8月5日更新】

 第1グループの研究種目等、まとめ情報は こちら をご覧ください。

 第2グループの研究種目等、まとめ情報は以下をご覧ください。
   ・基盤研究(B・C)、挑戦的研究、若手研究、研究成果公開促進費、奨励研究は こちら
   ・学術変革領域研究(A)(公募研究)、新学術領域研究(終了研究領域)は こちら


Ⅱ 応募手続き等に関する説明資料

【2022年8月5日更新】

応募概要や調書の整え方、今回の変更点・注意事項・スケジュール・担当をまとめた資料を配布します。
下記(Ⅴ 科研費申請の流れ)のエントリーフォームにて申請情報を送信後、申請者あてに届くメールに記載のURLにアクセスし、所属キャンパスに応じて、視聴またはダウンロードしてください(視聴用のユーザー名/PWと解凍用のPWは同メールに記載されています)。
 ※例年実施している説明会は、今年度は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から実施しません。

応募概要や調書の整え方について

※全キャンパス・第1グループ、第2グループ共通

第1グループの申請スケジュール・担当について

第2グループの申請スケジュール・担当について

Ⅲ 研究計画調書の閲覧・コピー

過去に採択された研究計画調書で研究者本人の了解を得たものについて、閲覧またはコピー可能なものがあります。詳細は下記の担当部署にお問い合わせください。

Ⅳ 動画講座による研究計画調書作成のサポート

科研費をはじめとする競争的資金の申請支援を行うロバスト・ジャパン株式会社が提供する、研究計画調書作成に係る動画講座を視聴できます。視聴を希望される方は下記(Ⅴ 科研費申請の流れ)のエントリーフォームにて申請情報を送信後、申請者あてのメールに記載のURLにアクセスし、必要事項を入力のうえ、登録してください(無料)。

 ■人気動画講座の一部紹介
  ・前年度において次の講座が多く視聴されていました。
   (1)  2章_02_01「学術的価値・研究能力を申請書で表現するための技術」(約14分)
   (2)  2章_02_04「申請書の骨子・研究計画概要の考え方」(約7分)
   (3)  2章_02_06「研究の発展性(過去→現在→未来)の見せ方」(約7分)

Ⅴ 科研費申請の流れ

【2022年8月5日更新】
明治大学を通して申請します。学内の締切をご確認ください。
科研費に応募するには、研究代表者が「科研費電子申請システム」にアクセスし、インターネット上にて「web入力項目」の記入と「研究計画調書(添付ファイル項目)」のアップロードを行うことが必要です。公募要領を熟読のうえ、インターネットが使用できる環境を整え、下記の手続きを進めてください。

(1)
下記からエントリーフォームにアクセスし、必要事項を記入し、内容を確認のうえ送信する。
 ※複数種目にエントリーする場合は、それぞれの種目ごとにエントリー情報を送信してください。
  第1グループ エントリー締切 8月5日(金)
  第2グループ エントリー締切 9月6日(火) 


エントリーフォームは こちら

 ※前年度申請者は、科研費電子申請システム上で開示されている審査結果を担当者にご提出ください。
 ※応募資格を有する客員研究員へは、受入研究者からご案内をお願いいたします。

(2)
研究者番号(8ケタ)と「科研費電子申請システム」のIDとパスワードを確認する。
 ※研究者番号の取得後は、必ず「科研費電子申請システム」にログインできるかを確認してください。

(3)
「公募要領、申請書類等の入手先」から申請を希望する種目の「研究計画調書(添付ファイル項目)」をダウンロードし、必要事項を記入する。
 ※次の手順(4)で申請書(「研究計画調書(添付ファイル項目)」)をアップロードしますので、わかりやすい名前を付けて保存してください。

(4)
「科研費電子申請システム」にログインし、「web入力項目」の記入と、「研究計画調書(添付ファイル項目)」のアップロードを行い、所属研究機関宛てに提出する(電子申請)。
 【第1グループ】
    第1回締切 7月29日(金) / 第2回締切 8月17日(水) / 最終締切 8月29日(月)


 【第2グループ※
基盤研究(B・C)、挑戦的研究、若手研究、研究成果公開促進費、奨励研究
    第1回締切 9月6日(火) / 第2回締切 9月13日(火) / 最終締切 9月26日(月)

 【第2グループ※学術変革領域研究(A)(公募研究)、新学術領域研究(終了研究領域)】
    第1回締切 9月13日(火) / 最終締切 9月26日(月)


なお、研究分担者及び研究分担者の所属研究機関が承諾を行わないと、研究代表者は電子申請できません。上記期限に間に合うように研究分担者と連絡を取りつつ手続きを進めてください。
 ※必要に応じて、担当部署との各種連絡が発生しますので、メールは頻繁にご確認ください。
(5)
メールにて担当者へ電子申請が完了したことを連絡し、併せて「研究計画調書(添付ファイル項目)」を添付する。
 ※チェックの都合上、PDFに変換せずにWordファイルをお送りください。

(6)
「科研費電子申請システム」で、「応募状況」が「所属研究機関受付中」となっていることを確認する。

(7)
必要に応じて、「web入力項目」および「研究計画調書(添付ファイル項目)」の修正をお願いすることがあります。その場合は、事務担当者が調書データをシステム上で差し戻しした後、申請者が修正し、再度電子申請を行う必要があります。
 ※応募書類の最終的なご確認は申請者ご自身の責任で行っていただくようお願いいたします。

Ⅵ 電子申請の方法

「科研費電子申請システム」にログインする

〈科研費電子申請システムへのアクセス〉
〈ログイン方法〉
〈ログイン後の入力方法〉※研究分担者の2023年4月1日時点の年齢や、年度ごとの研究経費(金額)などが必要です。「Web入力要領」にて必要な情報を事前にご確認ください。

Ⅶ  公募要領および各研究種目の申請書

【2022年8月5日更新】

公募要領および各研究種目の申請書(「研究計画調書(添付ファイル項目)」)は下記関係機関ウェブサイトよりダウンロードしてください。
公募要領公開後、順次更新されます。最新の情報をご確認ください。

対象研究種目:特別推進研究、基盤研究(S・A・B・C)、挑戦的研究(開拓・萌芽)、若手研究
 https://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/03_keikaku/download.html
  ※(独)日本学術振興会のウェブサイトです。
  ※公募開始時期の違いにより後日公開される研究種目があります。

対象研究種目:研究成果公開促進費(ひらめき☆ときめきサイエンスを除く)
 https://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/13_seika/keikaku_dl.html
  ※(独)日本学術振興会のウェブサイトです。
  ※他の研究種目と必要な手続き等が異なります。申請する場合は、詳細を下記の担当部署にご確認ください。

対象研究種目:研究成果公開促進費(ひらめき☆ときめきサイエンス)
 https://www.jsps.go.jp/hirameki/boshu.html
  ※(独)日本学術振興会のウェブサイトです。

対象研究種目:学術変革領域研究(A)(公募研究)、新学術領域研究(終了研究領域)
 https://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/hojyo/boshu/1394559_00009.htm
  ※文部科学省のウェブサイトです。

Ⅷ 令和5(2023)年度における主な変更点

特別推進研究、基盤研究(S・A・B・C)、挑戦的研究(開拓・萌芽)、若手研究
(1)公募スケジュールの変更
重複制限が適用される研究種目のうち公募時期が異なるものがありますので、「重複制限一覧表」を十分確認してください。重複制限が適用される場合には、既に電子申請システム上で提出(送信)済の課題を取り下げたとしても、もう一方の研究種目に新たに応募することはできません。  
(参考)特別推進研究及び基盤研究(S)の令和6(2024)年度公募は、スケジュールをさらに早期化し、令和5(2023)年4月に開始される予定です。

(2)「審査区分表」の改正等について
令和5(2023)年度科研費の公募より適用する「審査区分表」について見直しが行われました。
詳細は、下記文部科学省HPを参照してください。

 【改正のポイント】
  ・小区分の「内容の例」の見直し
   (小区分・中区分・大区分は現行を維持し、小区分に付される「内容の例」の見直しを実施)
  ・「基盤研究(B)」における複数の小区分での合同審査の実施
   (「基盤研究(B)」において、著しく応募件数の少ない状況にある一部の小区分について、複数の小区分での合同審査を実施)

(3)若手研究(2回目)と挑戦的研究(開拓)の重複制限緩和について
令和5(2023)年度公募より、若手研究者支援を更に充実するため、若手研究(2回目)と挑戦的研究(開拓)との重複応募・受給制限が緩和されます。
(当該種目の令和5(2023)年度公募要領参照(8月上旬公募開始予定))

(4)挑戦的研究の事前の選考による審査結果の通知について
令和5(2023)年度公募より、挑戦的研究(開拓・萌芽)の事前の選考により不採択となった研究課題について、事前の選考による審査の終了後、電子申請システムにより研究代表者及び研究機関に審査結果が通知されます。
(当該種目の令和5(2023)年度公募要領参照(8月上旬公募開始予定))

(5)研究活動スタート支援の応募要件の変更について
令和5(2023)年度研究活動スタート支援の応募要件を変更し、以下のA)又はB)のいずれかに該当することとなります。
(当該種目の令和5(2023)年度公募要領参照(令和5(2023)年3月上旬公募開始予定))

 A) 令和4(2022)年10月1日以降に科学研究費助成事業の応募資格を得、かつ文部科学省及び日本学術振興会が公募を行う以下の研究種目(※)に応募していない者
 B) 令和4(2022)年度に産前産後の休暇又は育児休業を取得していたため、文部科学省及び日本学術振興会が公募を行う以下の研究種目(※)に応募していない者

 (※)令和5(2023)年度科研費「特別推進研究」、「学術変革領域研究」、「基盤研究」、「挑戦的研究」及び「若手研究」

(6)研究インテグリティについて
「研究インテグリティの確保に係る対応方針について」(令和3年4月27日統合イノベーション戦略推進会議決定)等を踏まえ、研究活動の透明性の確保のため、必要な対応が実施されています。
令和5(2023)年度公募においても引き続き、研究活動の透明性の確保に係る情報について、研究計画調書に記載することとされています。
なお、令和6(2024)年度公募以降は、e-Rad に登録された当該情報が科研費電子申請システムに連携されるよう、システムの改修が行われる予定です。
 (主な対応)
  ・研究計画調書の「研究費の応募・受入等の状況」欄に国内の競争的研究費のみならず、国外も含めた研究資金を記載することを明確にしています。
  ・研究計画調書の「研究費の応募・受入等の状況」欄に記載した研究課題を応募・受入れるに当たっての所属組織・役職を記載することとしています。
  ・研究計画調書は、応募者が関与する全ての研究活動に係る透明性の確保のために必要な情報について、所属研究機関の取扱いに基づき所属研究機関と適切に共有するとともに、外国為替及び外国貿易法(昭和24 年法律第228 号)に基づき規制されている技術の取扱いを予定している場合には、当該法律や所属研究機関の規程等を踏まえ、安全保障貿易管理体制や対処方法等を十分に確認した上で提出することとしています。

なお、研究計画調書に事実と異なる記載をした場合には、研究課題の不採択、採択取消し、又は減額配分されることがあります。

(7)審査への協力について
一部の研究者に審査負担が偏ることがないよう、研究者全体で科研費の審査を支えていくためには、審査委員を引き受けることが研究者の責務であり、学術研究を支えるためにも重要であることが明記されています。
研究成果公開促進費
  なし

Ⅸ 学内締切

【2022年8月5日更新】

第1グループ
 【エントリー締切・研究者登録に関する手続き等締切】2022年8月5日(金)
  上記(Ⅴ 科研費申請の流れ)のエントリーフォームにアクセスし、必要事項を記入、内容を確認のうえ、送信してください。
  ※前年度申請者は科研費電子申請システム上で開示されている審査結果を担当者にご提出ください。

 【第1回締切】:2022年7月29日(金) ……応募書類の内容確認・加筆・図表作成を希望する場合
 【第2回締切】:2022年8月17日(水) ……応募書類の形式チェックを希望する場合
 【最終締切】 :2022年8月29日(月) ……応募書類のチェック不要の場合
第2グループ
 【エントリー締切・研究者登録に関する手続き等締切】2022年9月6日(火)
  上記(
Ⅴ 科研費申請の流れ)のエントリーフォームにアクセスし、必要事項を記入、内容を確認のうえ、送信してください。
  ※前年度申請者は科研費電子申請システム上で開示されている審査結果を担当者にご提出ください。

 ●基盤研究(B・C)、挑戦的研究、若手研究、研究成果公開促進費、奨励研究
   【第1回締切】:2022年9月 6日(火) ……応募書類の内容確認・加筆・図表作成を希望する場合
   【第2回締切】:2022年9月13日(火) ……応募書類の形式チェックを希望する場合
   【最終締切】 :2022年9月26日(月) ……応募書類のチェック不要の場合

 ●学術変革領域研究(A)(公募研究)、新学術領域研究(終了研究領域)
   【第1回締切】:2022年9月13日(火) ……応募書類の形式チェックを希望する場合
   【最終締切】 :2022年9月26日(月) ……応募書類のチェック不要の場合


Ⅹ 研究倫理教育の受講について

研究代表者及び研究分担者は、交付申請前までに、本学の研究倫理教育プログラム(APRIN eラーニングプログラム)の受講が必要です。
以前に受講済であっても必ず受講してください(但し、2020年度・2021年度受講者は対象外です)。受講のためのIDとパスワードは所属学部・研究科等事務室にお問い合わせください。

XI 研究計画調書の作成にあたってのお願いと注意点

(1)直接経費の使用内訳の変更について
新型コロナウイルス(COVID-19)の影響等により、科研費の研究計画について当初からの変更を余儀なくされている、計画どおりに予算を執行できるか不明であるといったお問い合わせをいただいています。
採択後、各費目の額を、直接経費の総額(※)の50%(直接経費の総額の50%が300万円以下の場合は、300万円)を超えて変更しようとする場合は事前に手続が必要となります。
 ※ 補助金分:年度ごとの交付決定額
   基金分:複数年度にわたる研究期間全体の交付決定額

(2)バイアウト経費の計上について
研究者各位がバイアウト経費を計上・執行するためには所属研究機関において規程の整備等の仕組みを構築することが求められており、現在、本学ではバイアウト制度の導入に向けて手続きを進めています。
現時点において本学ではバイアウト制度がありませんので、2023年度の申請においてバイアウト経費は計上されませんようお願いいたします。
なお、規程整備がなされましたら研究者各位に改めてご案内いたします。

(3)夏季休業期間及び一斉休暇中の事務室閉室について
夏季休業期間(8月1日~9月19日)中の土曜日と、一斉休暇日(8月10日(水)~8月16日(火))は事務室が閉室となります。
また、夏季休業期間の平日における事務室の開室時間は 9:30~16:00 となります。
お問い合わせ先

研究知財事務室(駿河台キャンパス・和泉キャンパス)

(駿河台キャンパス)法学部、商学部、政治経済学部、文学部、経営学部、情報コミュニケーション学部、大学院、専門職大学院、研究・知財戦略機構(駿河台キャンパス所属の方)、国際連携機構、職員
:菅原、佐渡、郷、迫、米満(03-3296-4361/4398、 kaken@mics.meiji.ac.jp )

(和泉キャンパス)法学部、商学部、政治経済学部、文学部、経営学部、情報コミュニケーション学部、研究・知財戦略機構(和泉キャンパス所属の方)
:高砂、松本(03-5300-1630、izkaken@mics.meiji.ac.jp )

生田研究知財事務室(生田キャンパス)

理工学部、農学部、理工学研究科、農学研究科、研究・知財戦略機構(生田キャンパス所属の方)、農場
:河合(044-934-7613、ma12028@mics.meiji.ac.jp)
:上島(044-934-7717、cm996012@cmm.meiji.ac.jp )

中野教育研究支援事務室(中野キャンパス)

国際日本学部、総合数理学部、先端数理科学研究科、研究・知財戦略機構(中野キャンパス所属の方)
:渡辺、島、福場(03-5343-8053、nk-kaken@mics.meiji.ac.jp )