理工学部

理工学部

在学生向け

関連情報

夏休み科学教室 プログラム

テーマ名 募集学年 募集人数 担当学科
A モーターをつくろう 小3~小6 24名 電気電子生命学科
B 太陽電池で動くラジオ! 小4~小6 20名
C トコトコウォーカーをつくって競争(きょうそう)しよう 小1~小3 30名 機械工学科
D ブーメランをとばそう 小4~小6 24名 機械情報工学科
E コマをつくろう 中1~中3 16名
F 建築ドームをつくろう 小4~中3 50名 建築学科
G ボールの科学
〜オリジナルのスーパーボールをつくろう〜
小1~小6 32名 応用化学科
光を化学する
〜電気で光るプラスチックを使って有機ELをつくろう〜
中1~高3 12名
I ロボットカーで遊ぼう  小5~中1 10名 情報科学科
J 数理パズルを解くコンピュータプログラムをつくろう 中1~高2 30名
K 君はマジシャン!缶とペットボトルと水と火と。 小4~中3 24名 数学科
L 光と色について学び虹をつくろう 小4~中3 20名 物理学科

A: モーターをつくろう



対象:小3~小6 
モータは電車などを動かすだけではなく,色々なところで回転するものに使われています。このモータを,コイルと磁石でつくり,出来上がったモータの回転スピードを競いましょう!

B: 太陽電池で動くラジオ!



対象:小4~小6
太陽電池で動くラジオを、自分の手でつくってみよう!

C: トコトコウォーカーをつくって競争(きょうそう)しよう



対象:小1~小3
モーターや電池がなくても、左右の重りのバランスをとりながら2本の足で歩くことのできるおもちゃ(トコトコウォーカー)をつくります。材料は、紙やクリップ、ねんどといった身のまわりにあるものだけです。トコトコウォーカーができたら、だれが一番速く歩けるか競争しましょう。重心の位置を調節して、うまくバランスをとってね!

D: ブーメランをとばそう



対象:小4~小6
紙のブーメランを作って飛ばしてみよう!自分のところに戻ってくるかな?このしくみは、自転車からロケットにまで使われているよ。厚紙を切った長方形を3枚貼り合わせたかんたんなブーメランをつくります。どんなくふうをしたら、よく飛んで、きれいに自分のところにもどってくるようになるのか、チャレンジしてみよう。

E: コマをつくろう



対象:中1~中3
キャンパス内の工場(ものつくりセンター)で工作機械を使って金属を加工してコマをつくります。普段触ることがない機械の操作も大学生のお兄さんがお手伝いをしてくれますので安全です。

F: 建築ドームをつくろう



対象:小4~中3
身近にある木製の棒と簡単な金具を使って,サッカーボール型のドーム模型を作ります。全体の完成形を思い描き,設計図を見ながら順序よく組み立てていく構想と手順の大切さ,さらには共同作業を通してモノをつくる喜びを体験しましょう。

G: ボールの科学~オリジナルのスーパーボールを作ろう~



対象:小1~小6
私たちの身の回りには様々なボールがあります。例えば,よく弾むゴムボールやとても硬いゴルフボール,少し大きいサッカーボールなどがあります。今回はスーパーボールに注目し,材料や作り方を変えて,オリジナルのスーパーボールを一緒に作ってみたいと思います。そして,みなさんが作ったスーパーボールの硬さや弾み方を比べてみて,作り方でどのような違いがあるか一緒に考えてみましょう。

H :光を化学する~電気で光るプラスチックを使って有機ELを作ろう~



対象:中1~高3
パソコンやスマートフォンのディスプレイの光源として、電気で光るプラスチック(有機化合物)が使われています。この教室では、プラスチックを透明の電極に塗って、それをサンドイッチのように重ねて光源(有機EL)を作ってみます。電気を流して、うまく光るか試してみましょう。そのほかにも、身の回りの発光を化学の力で解明します。

I: ロボットカーで遊ぼう



対象:小5~中1
ロボットカーを組み立てて、それを動かすプログラムを作ります。組み立ては、プラモデルの組み立てに似た作業です。プログラムは、基本動作を表すブロックを平面の上で図形的に組み合わせることで作ることができます。コンピュータ独特の難しい表現を扱う必要はありません。プログラムを各自が工夫することによって、かなりインテリジェントな動きをロボットにさせることができます。たとえば、障害物を避けたり、地面に引いた線のとおりの動きをしたりすることができます。

J: 数理パズルを解くコンピュータプログラムをつくろう



対象:中1~高2
例えば覆面算や虫食い算のような数理パズルを解くためのコンピュータプログラムを作ります。コンピュータは解の候補をしらみつぶしで探すのは得意ですが、大きな問題になると候補の数が爆発的に増えて全部を調べるのでは時間がかかりすぎて解けなくなります。この教室では、まずコンピュータにしらみつぶしで解をさがさせるためのプログラムの書き方を学び、次に調べる候補の数を減らす工夫を考えます。難しいパズルを高速に解かせるプログラムを作ってみましょう。Google Blockly という、ブラウザ上で見た目にわかりやすくプログラムの作成ができるシステムを使います。大学院生や大学生のアシスタントがていねいに教えてくれるので、考えることの好きなあなたなら予備知識が全くなくても大丈夫です。

K:君はマジシャン!缶とペットボトルと水と火と。



対象:小4~中3
以下のような体験メニューを考えています。(1)浮く力をあやつろう(ペットボトル浮沈子.浮かせられる?)  (2)缶バランス(3)見えない水蒸気あつまれ(ペットボトルで雪を作ろう) (4)ビー玉ダイヤモンド(クラックビー玉の美しきひび)(5)ぼくらはみんな押されてる(空き缶つぶし)  (6)水よ止まれ(過冷却水の凍結実験)

L: 虹発生器をつくって光と色について学ぼう



対象:小4~中3
光の性質や色の仕組みについて学ぶために、光を七色にわけることの出来る「分光器(ぶんこうき)」を工作します。この装置と懐中電灯を組み合わせて、壁や天井などにきれいな虹を映し出してみましょう!

問い合わせ先

夏休み科学教室に関するお問い合わせ
TEL:044-934-7576
FAX:044-934-7901
E-mail:sst@mics.meiji.ac.jp

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.