Go Forward

小林 史明 KOBAYASHI Fumiaki

コバヤシ フミアキ KOBAYASHI Fumiaki
職格 専任講師
学位 博士(法学)
最終学歴 明治大学大学院
研究業績等 教員データベース
個人ホームページ Kobayashi Fumiakiのwebsite
専攻分野(研究分野) 法哲学、法と文学、法と科学

研究テーマ

法と人文学に関する研究

キーワード

法と文学、法と人文学、法と科学・技術

主な担当講義

法哲学

講義概要をさらに詳しく見る(Oh-o!Meiji System)

「ゲストログインはこちらから」をクリックし、「授業検索」画面から教員名で検索してください。

受験生・学生へのメッセージ

学生のあいだはいくらでも失敗ができます。勉学にかぎらず何にでも積極的にチャレンジして後悔のない学生生活を過ごしてください。

主な著書・論文

著書(共著) 「法と芸術の交錯——映画「SHOAH」とアイヒマン裁判を通じて——」、仲正昌樹編『叢書アレテイア13号 批評理論と社会理論1 アイステーシス』、御茶の水書房、2011年10月、221-244頁。 「「法と文学」の展開」、『岩波講座 現代法の動態 第6巻 法と科学の交錯』、岩波書店、2014年6月、197-220頁。 「ジェンダーと法律」49-73頁、「性別と職業——職業選択の自由をめぐって」180-181頁、西岡正子編『未来をひらく男女共同参画——ジェンダーの視点から——』、ミネルヴァ書房、2016年4月。 論文 吉良貴之、小林史明、川瀬貴之、松原克志(共著)「法的思考と社会構成主義——法哲学と科学技術社会論の協働に向けて」、『常磐国際紀要』16号、2012年3月、63-89頁(第三章「法における因果関係とその社会構成」担当)。 「法は人文学である——ジェームズ・ボイド・ホワイトの人文学的法学について」、『法哲学年報2012 国境を越える正義——その原理と制度』有斐閣、2013年11月、201-211頁。 「深淵の法哲学に向けて——ショシャナ・フェルマンと法」、『法律論叢』89巻4・5号、2017年3月。